お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵映画「タイム・トラップ」/(2017アメリカ)感想*チープだけれどそこそこ面白いB級SF映画*レビュー3.7点

タイム・トラップ [DVD]

タイム・トラップ [DVD]

【当たりかハズレか?微妙な映画】

この度の西日本豪雨で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます(被害のあまりの大きさに“かける言葉が見付からない”というのが率直な気持ちです……)。この酷暑のなかでの復旧作業はさぞ大変だろうと思います。くれぐれもご自愛ください。そして、被災地の一日も早い復旧、復興をお祈りいたします。

さて、今日は映画です。たまにはマニアックなSFもいいかも、ということで、先月発売の「タイム・トラップ」。

この映画、SFアドベンチャー大作という触れ込みですが、観た感じ、低予算で作られたB級映画です。

でも、結構スリリングで意外性もあって面白い。チープだけれどそれなりに味のあるB級映画だと思います。

……しかし、定価3900円はちと高い⁉

【あらすじ】

“若返りの泉”が存在すると云われる謎の洞窟で消息を絶ったホッパー教授の跡を追い、洞窟に入ったゼミ生のジャッキーやテイラーたち。しかし、脱出用のロープが切れ、彼らは洞窟内に閉じ込められてしまう。

出口を探して迷路のように入り組んだ洞窟内を彷徨ううち、彼らは驚くべき真実に直面する。そこは時空の流れが地上とは完全に異なる、過去と未来が共存する世界だったのだ。

迫りくる古代原始人の追撃を逃れ、未来人を助けながら必死に出口を探すジャッキーたち。

果たして彼らは元の世界に戻れるのか……。

【感想・レビュー】

上映時間87分と、息抜きにはちょうどいい長さ。この年になると、さすがに長いのは疲れます。

この映画のテーマは、“時間”あるいは“時空”。ロケーションが洞窟内ということで、カネのかかるセットは不要。で、勝負はアイデアで、ということになりますが、「過去と未来が共存する洞窟内での古代原始人や未来人との遭遇」という設定はなかなかユニークです。密室状況下での若者たちの焦燥感や閉塞感が真に迫っているところや、危機に立ち向かう女性たちの凛々しい姿も高ポイント(タンクトップ姿がカッコいい!)。先の読めない展開にハラハラドキドキし、ラストのオチにホッとする、そこそこ良く出来た映画だと思います。

ただ、いかんせん、低予算のためか、SFものとしてはスケール感が乏しく、チープな印象は否めません。実際、未来人のいでたちとか宇宙船のセットとか、ちょっとショボくて苦笑い。それに、ロボコップ風フル装備の未来人が棒切れしか使えない古代原始人にボコボコにされるなんて……脳が発達すると腕力は衰えるという皮肉なんでしょうか?……未来の人類が進歩してるのか、退化してるのか、何だかよく分かりません。

まあ、ツッコミどころはいくつかありますが、あまり期待しないで観るとちょっと得した気分になれる映画かなと思います。

ところで洞窟と云えば……タイのサッカー少年たち。無事全員救助されて良かったですね。亡くなられたダイバーの方は本当にお気の毒でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。