お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵ぜんぶ、フィデルのせい/(2006フランス)3.8点

ぜんぶ、フィデルのせい [DVD]

ぜんぶ、フィデルのせい [DVD]

【キョーサン主義ってなに?】

幼い女の子が主人公だから、てっきり微笑ましいほっこり系の映画かと思ったら、意外や意外、なかなか手強い映画です。

子どもの目から見た“キョーサン主義”、そのよく分からないものを通して見た大人の価値観。けっこう深いです。

ちなみにタイトルの「フィデル」は、キューバの元国家議長、フィデル・カストロのこと。なかなかヒネったタイトルですね。

【あらすじ・感想・レビュー】

おとうさんは弁護士、おかあさんは雑誌記者、可愛い弟とキューバ人のお手伝いさんに囲まれて、名門カトリック校に通うアンナ。そんなアンナの恵まれた生活が、両親がキョーサン主義に染まってしまって、一変。引っ越したボロアパートには、四六時中、ヘンなおにいちゃんやおばちゃんたちがウロウロしてるし、電気代もケチる毎日です。「なんで?どうして?ぜんぶ、フィデルのせい?」……アンナはふくれっ面になってしまいます。

……9歳児の目から見た大人の世界。キョーサン主義?カク戦争?ダンケツ?分からないことだらけです。アンナは、先生の質問の答が分かっていたのに他の生徒たちに同調して、間違った答の方に手を挙げます。でも、当然、答はバツ。せっかくダンケツしたのに……ダンケツって正しいこと?とアンナは思います。こういうシーンがいくつも出てきて、いろいろ考えさせられます。そんな悩めるアンナに、両親は曖昧な態度をとったり、ごまかしたりしないで、正面から向き合おうとします。子どもでも一個の人格として認めているんですね。その辺りがいかにもフランスっぽいなあと思います。

この作品、フランスの5月革命以降の共産主義ブームやウーマンリブ運動を題材にとってはいますが、政治的な映画というわけではありません。イデオロギー的にはあくまで中立(そこにこの監督の節度が窺えます)。おそらく監督が描きたかったのは、“多様な価値観”なのだろうと思います。9歳の女の子が様々な価値観に出会い、戸惑い、衝突し……やがて自分と他人の違いを認識し、そして他人を理解できるようになっていきます。そのことを象徴的に示しているラストシーンがとても印象的です。

……グローバリズムとポピュリズム、多文化主義と一国(伝統)主義、といった対立構造が世界規模で顕になりつつある昨今、この映画は大切なメッセージを発しているように思います。われわれがアンナから学ぶべきことは、(互いの価値観を感情的に非難し合うのではなく)互いの価値観の違いを理解して、それをできる限り尊重する、あるいは尊重しようと努める姿勢なのだろうと思います。……もっとも、つい先入観や偏見で物事を見てしまう大人にとっては、それも容易なことではないのかもしれません。この作品は、(子どもの柔軟性と対比させる格好で)そういう大人の厄介さも示唆しているように思えます。