お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

【2017年に出会った凄い映画】10作品紹介

【2017年に出会った凄い映画10作品】

前回に引き続き、今回は、今年最も感銘を受けた映画10作品をランキング形式で紹介したいと思います(なんか古い映画ばっかりで恐縮です)。

ちなみに、次点は、『ミフネ/1999デンマーク』か『つながれたヒバリ/1969チェコスロバキア』、あるいは『マチネー 土曜の午後はキッスで始まる/1993アメリカ』あたりでしょうか(こちらも結構古いですね)。

“世界は驚きと発見に満ちている”……良い映画に出会う度、そう思います。来年も好奇心を失わず、いろんなジャンルの映画に挑戦したいと思います。

それでは、2018年がどなたにとっても平和で実り多き1年となりますように。

どうぞ良いお年を!

 

№10

🔵奇跡のひと マリーとマルグリット/2014フランス

奇跡のひと マリーとマルグリット [DVD]

奇跡のひと マリーとマルグリット [DVD]

生まれつき目と耳が不自由で口が利けない野生児のようなマリーと、不治の病を抱えながら彼女を教育する修道女マグリットの格闘の日々と、マリーが言葉の存在を知り、生きる喜びを見出していくまでを描いた感動のトゥルーストーリー。

これは理屈抜きで“好き”って言える映画です。二人の生き方を通して、人間の尊厳や限りない可能性など、大切なことを教えられ、人生への希望や生きる勇気が湧いてます。マリーを見ていると、“人間って凄い!”と素直に感動します。

 

№9

🔵ふたりのベロニカ/1992フランス・ポーランド

ふたりのベロニカ Blu-rau [Blu-ray]

ふたりのベロニカ Blu-rau [Blu-ray]

ポーランドとフランスで同じ日に生まれた瓜二つの二人のベロニカの数奇な運命を辿る、厳かで静謐な物語。

二人のベロニカを演じるイレーヌ・ジャコブの美しい佇まい、光と音を巧みに使った映像、天から降ってくるようなベロニカの歌声、何かを暗示するかのような無言の人形劇、窓に差し込む陽射しや街を渡る風の音の柔らかな質感……キェシロフスキ監督の匠の技が光る、神秘と幻想に満ちた芸術的一作です。

 

№8

🔵ドライビングMissデイジー/1989アメリカ

ドライビング Miss デイジー [DVD]

ドライビング Miss デイジー [DVD]

偏屈なユダヤ人元教師の老婦人と、無学だが陽気な初老の黒人運転手の絆を描いたハートウォーミングドラマ。

大袈裟なところやわざとらしいところがなく、上品で上質。温かくユーモラスで、何とも言えない滋味に溢れた、まさ心の琴線に触れる珠玉の一作です。……それにしても、なんて意地っ張りで可愛らしいおばあちゃん!人間、かく老いたいものです。

 

№7

🔵シング・ストリート/2016アイルランド

シング・ストリート 未来へのうた [Blu-ray]

シング・ストリート 未来へのうた [Blu-ray]

無理解な親への諦念、理不尽な教師への反撥、バンド仲間との友情、異国(ここではないどこか)への憧れ、そして年上の女性への切ない想い……思春期の男の子のすべてが詰まった青春映画。

純な若者のひたむきさや無鉄砲さが、ときにユーモラスに、ときにほろ苦く描かれて、笑えるし、泣けます。彼らの宝物のような日々を鮮やかに彩る80年代のUKロックのサウンドも素晴らしく、ジョン・カーニー監督の音楽センスにも脱帽の一作です。

 

№6

🔵誓いの休暇/1959ソ連

誓いの休暇【デジタル完全復元盤】 [DVD]

誓いの休暇【デジタル完全復元盤】 [DVD]

戦時下に生きる市井の人々の哀歓をきめ細やかに描いて、戦争というものの非人間性や不条理性を浮き彫りにした反戦映画の傑作。

心優しき少年兵、彼が軍用列車で出会った無垢で可憐な少女、ひたすら彼の帰りを待ちわびる母親、そして、それぞれの喜びと悲しみ……モノクロの冴えざえとした映像が彼らの心情を克明に映し出します。哀切ではあるけれど、作り手の芯の通ったメッセージが静かに心に沁みる感動の一作です。

 

№5

🔵クリクリのいた夏/1999フランス

クリクリのいた夏 [DVD] 

クリクリのいた夏 [DVD]

カレ(沼地)の畔に住むリトン一家の長女、クリクリの幼い頃の幸せな記憶を彼女の回想形式で綴った、懐かしくも心温まるヒューマンドラマ。

これは名作、と胸を張ってオススメできる映画です。牧歌的で、詩情豊かで、どこか懐かしくて……人の荒んだ心を優しく撫でてくれるような、癒やしに満ちた一作です。特に、エンディングの老いたクリクリのモノローグは“トドメの一撃”的感動です。

 

№4

🔵赤い風船/1956フランス

赤い風船/白い馬【デジタルニューマスター】2枚組スペシャル・エディション [DVD] 

赤い風船/白い馬【デジタルニューマスター】2枚組スペシャル・エディション [DVD]

わずか35分の短編なのに、なんて素敵な映画なんでしょう!少年と風船の友情を限りなく優しい眼差しで描いた、なんとも美しい映画……いや映画というより一篇の詩。

複雑に入り組んだパリの古い街並み、雨に濡れた石畳、舗道にせり出した様々な出店、そして青空一面に漂う無数のカラフルな風船……それらの映像の全てが美しく、郷愁を誘います。ファンタジーとしてのストーリー性も高く、楽しく夢のある一作です。

 

№3

🔵ラサへの歩き方 祈りの2400Km/2015中国

ラサへの歩き方 祈りの2400km [DVD]

ラサへの歩き方 祈りの2400km [DVD]

チベットの寒村で時代を超えて脈々と受け継がれる“苦行”そのものの巡礼の旅をドキュメンタリータッチで追った記録映画。

旅の過酷さにも旅人たちの生き方にも、強烈なカルチャーショックを覚えます。仏と自然を敬い、自己を戒め、家族を愛し、隣人と共に生きる、彼らのシンプルな生き方と豊かな精神性に触れて、心がインスパイアされる一作です。……しかし、21世紀の現代にこんな世界があるなんて!

 

№2

🔵さすらいの青春/1966フランス

さすらいの青春 [DVD]

さすらいの青春 [DVD]

恋と友情の狭間をさすらう青春の痛みを格調高く描いたフランス青春映画の至高の名作。

深く静かな森、森の緑を映す沼、花咲く草原、戯れる恋人たち……全ての風景が夢の中の光景のように朧げで、水彩画のように美しく、その繊細で優美、詩的で幻想的な作品世界にしばし陶然とし、そして、溜息が漏れます。若さは未熟だからこそ愛おしく、愚かだからこそ美しい……この映画を観ていると、ふとそんな感慨に囚われます。ただただ“素晴らしい”としか言いようがない、完璧な一作です。

 

№1

🔵冬冬の夏休み/1984台湾

冬冬の夏休み -デジタルリマスター版- [Blu-ray]

冬冬の夏休み -デジタルリマスター版- [Blu-ray]

母の入院によって田舎の祖父母の元で過ごすことになった幼い兄妹のひと夏の体験を描いた詩情溢れる物語。

名匠ホウ・シャオシェンが、失われた日々への限りない郷愁を込めて描いた少年の日のスケッチ。兄妹が体験する些細なエピソード(彼らにとっては大事件です)の数々に幼い頃の記憶が喚起され、甘酸っぱい感傷に誘われます。台湾の長閑な田園風景もどこか懐かしく、失われた月日への愛惜の念が一層募ります。これは至福の映画。鑑賞後は、しばらく動けません。