お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵テンダー・マーシー/(1993アメリカ)4.1点

テンダー・マーシー [DVD]

テンダー・マーシー [DVD]

【ハリウッドの良心を感じる映画】

地味で平凡なストーリーだが、観終わった後、じわりと心地よい余韻が広がるヒューマンドラマ。

ロバート・デュバルの渋さとテス・ハーパーの慎ましさが光る。

ときどきこういう映画を作るから、ハリウッドは侮れない(……と言っても20数年前の作品だが)。

【あらすじ】

かつて人気のカントリーシンガーだったスレッジは、酒に溺れて離婚して以来すっかり落ちぶれて、今やモーテルの宿泊代すら支払えない始末。スレッジは、モーテルの経営者のロザリーに下働きを申し出て、仕事中は酒を飲まないという条件で雇われる。

若く美しいロザリーは、ベトナム戦争で夫を亡くし、息子のソニーと2人暮らし。スレッジは、ロザリーとソニーの優しさに救われて、心穏やかな日々を過ごす。

そして、2ヶ月後、スレッジはロザリーに求婚する。3人での新たな暮らしは、平穏で幸福に満ちたものだったが、スレッジの心には、カントリーソングへの欲求と前妻の元に残してきた娘スーアンへの未練が燻ぶっていた。

そんな折、スレッジの新曲をレコード化したいというオファーがくる。成長したスーアンとの再会も果たして、ようやく彼の人生に希望の光が見えてきたのだが……。

【感想・レビュー】

人生に挫折し、悲哀と孤独に沈む中年男の再起を描いた味わい深いヒューマンドラマ。

地味で平凡なストーリーにもかかわらず、ここまで陰影に富んだ、奥の深い作品に仕上がったのは、“男の哀愁”を体現するロバート・デュバル(スレッジ役)の演技に負うところが大きい。彼の物静かな佇まいは、本当に渋い。『ゴッドファーザー』『ウォルター少年と、夏の休日』などを観て、以前から、芸達者な俳優だとは思っていたが、本作では、見事な歌声まで披露しているから驚きだ(5曲中2曲は彼の作曲というから、更にびっくり)。この作品で彼がアカデミー主演男優賞を受賞したのも、十分頷ける。また、テス・ハーパー(ロザリー役)の抑制の効いた控えめな演技も見事(個人的には、ツンと上を向いた鼻が好き!)。ロバート・デュバルとの相性もピッタリだ。

スレッジもロザリーも、過去の悲しみの記憶にじっと耐えながら、平凡な幸せを求めてひたむきに生きている。ベタだけど、そこがいい。人が何かにじっと耐えている姿は、美しくもあり、気高くもあって、理屈抜きに心打たれるものがある。

そして、何より秀逸なのがラストのスレッジとソニーのキャッチボールのシーン。フットボールのやりとりを介して、スレッジとソニーは本当の父子になる。その光景を見つめるロザリーの微笑は、千の言葉より多くのことを語っているように見える。溜息が洩れるような素敵なラストだと思う。

……しかし、一つどうしても腑に落ちないシーンがある。

スレッジは、久々に再会した娘スーアンから、『小さい頃、白い鳩の歌を聴いた記憶があるけど、ママは知らないって言うの。覚えてない?』と聞かれ、『さあ、知らないな』と答える。娘はちょっとがっかりする。そして、スレッジは、娘が帰った後、一人咽び泣きながらその歌を口ずさむ。

……なぜスレッジは知らないふりをしたのだろう(普通、このシチュエーションなら、喜んで歌ってあげるだろうに……)。いろいろ推測はできるのだが、どれも自信がない。

やっぱり良い映画は、奥が深い?(単に理解力がないだけか……)。