お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵カウチ・イン・ニューヨーク/(1996フランス,ベルギー,ドイツ)3.5点

カウチ・イン・ニューヨーク [DVD]

カウチ・イン・ニューヨーク [DVD]

【せっかくの名優の共演なのに……】

ウィリアム・ハートとジュリエット・ビノシュの共演ということでかなり期待してたのだが……なんかイマイチ。

ジュリエット・ビノシュのファンとしては、一言物申したくなる映画。

【あらすじ】

ニューヨークの精神分析医ヘンリーは、診療に追われる生活に疲れ、「6週間アパートを交換しませんか?」という新聞広告を出す。それに乗ったのは、パリに住むダンサーのベアトリス。

二人は早速アパートを交換するが、ヘンリーはパリでの生活に耐えきれず、直ぐにニューヨークに舞い戻る。

ところが、帰宅したヘンリーは、ベアトリスが自分の代理として、患者のセラピーをしていることを知る。

セラピーが患者に好評と聞いて不思議に思ったヘンリーは、患者を装ってベアトリスのもとを訪れる……。

【感想・レビュー】

初めから終わりまでまったりとした展開で、盛り上がりに欠ける映画。せっかくニューヨークとパリを舞台にしているのに、華やかさやオシャレ感が乏しいのが残念(シャレているのはヘンリーのマンション位?)。

更に残念なのが、地味すぎるウィリアム・ハート(ヘンリー)とジュエット・ビノシュ(ベアトリス)。劇中のウィリアム・ハートは知的ではあるが、ひたすら陰気で、鬱陶しい。ジュリエット・ビノシュも、骨太な印象で何となく野暮ったく、都会の雰囲気にそぐわない。二人とも好きな俳優なのだが、こういった軽い感じのラブコメにはあまり向いてないのでは?(どちらもスターというより“性格俳優”。少し重たい位のシリアスドラマの方が向いてるような気がするが)。

それに、演出も脚本もイマイチ。気の利いたセリフはほとんどないし、大体、服を脱ぎ散らかすことでだらしない女を演出しようなんて、陳腐すぎるだろう!

総じて、作り手の熱意が感じられない映画。

『汚れた血』も『蜘蛛女のキス』も大好きなのだが、名優が揃えばいい映画ができるという訳でもない、ということを再認識した映画。