お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔴夢巻/田丸雅智(双葉文庫)3.6点

夢巻 (新世代ショートショート)

夢巻 (新世代ショートショート)

【かなりぶっ飛んだショート・ショート】

奇想天外、奇々怪々、奇妙奇天烈のショート・ショート全20篇。

……しかし、作家稼業も大変だ。毎日こんなヘンテコリンなことばかり考えて、頭がヘンにならないのだろうかと、つい余計な心配をしてしまう。

【感想・レビュー】

夫を呑み込む引力を持ったブラックホールのような妻(『妻の力』)、刀と同じ切れ味を持つ大根で果し合いをする男たち(『大根侍』)、エレベーターの押し釦がルーレットになってしまい、いつまでも目的階に着けない乗客(『試練』)、日曜日と月曜日の間にある星曜日に移住した男(『星を探して』)……等々、幻想、シュール、ナンセンスの三本柱で非日常的世界を描いた怒涛のショート・ショート集。

あまりにぶっ飛びすぎて、正直、どう評価していいのかよく分からない小説。好みから言えば、ストライクゾーンからは少し外れる。

あえて分からないなりに言えば、この種の、いわゆる「世にも不思議な」系の物語の成否のポイント(生命線と言ってもいい)は、“絶対ありえないことなのにありえるかもと思わせるリアリティ”にあると思う。

突飛な話にリアリティを加えることで“奇妙な違和感”が生まれ、それによって“不思議の追体験”ができる、というのがこの種の小説のセオリーだろうと思うのだが、少なくとも、本作中のシュール&ナンセンスをベースにした作品については、残念ながら、そのリアリティが欠けている。そのためせっかくの奇抜なアイデアが生かされず、ただの空想(ホラ)話で終わっている気がしてならない。

ただ、「お前のような凡人に作者の非凡なセンスが分かるわけがない!」とツッコまれると、「それはそうかも」とあっさり白旗を上げてしまいそうな気もする……。

その一方、幻想をベースにした『蜻蛉玉』『岬守り』などの作品は、とてもよく出来ている。少なくともこれらの作品は、読者を日常から非日常へと誘(いざな)い、一瞬の夢を見させてくれる名作だと思う。

この作家、シュール&ナンセンスのショート・ショートに限りない愛着を持っているようだが、そのポテンシャルを見る限り、むしろ幻想小説の方が向いているのでは、という気がする。この作家の手による中編程度の幻想小説を、是非一度読んでみたいものだと思う。