お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔴今夜は眠れない/宮部みゆき(角川文庫)3.7点

.今夜は眠れない (角川文庫)

今夜は眠れない (角川文庫) 

【安心して読めるミステリー】

中学生の主人公の軽妙な語り口が楽しい、ライトなミステリー。出来は平凡だと思うが(失礼!)、作者の余裕とサービス精神を感じる一冊。

【あらすじ】 

平凡な家庭に暮らす中学1年生の緒方雅男。ある日突然“放浪の相場師”と呼ばれた人物から母親に5億円の遺贈があったことから、家庭環境が一変する。周囲の人たちの態度が変わり、無言電話や脅迫電話に悩まされ、おまけに父親は家出をし……。

相場師はなぜ母親に大金を遺したのか? バラバラになった家族の絆を取り戻すため、雅男は、親友の島崎とともに、真相究明に乗り出す……。

【感想・レビュー】  

物語の骨格がしっかりしていて、テンポがよく、おまけに人も死なないので、安心して読めるミステリー。語り手雅男の、いかにも中学生の男の子らしい、ちょっと背伸びした軽妙な語り口が見事(文章のリズムがいい)。文中のジョークも余裕しゃくしゃくで、さすが大御所の感がある。

しかし、不満がないわけではない。まず、登場人物に魅力がないところ。雅男の母親は理解に苦しむ言動が目立つし、父親は小心で身勝手だし、雅男本人は妙に物分りがいいし……あまり共感できないキャラばかり(特に父親にはイラッとくる)。かろうじて雅男の親友の島崎が異彩を放っているくらいか。これでは物語が大団円を迎えても、「ああ、スッキリ!」という気分にはなかなかなれない。この人物造形のミス?がせっかくのストーリーの面白さを減殺しているような気がする。

また、終盤にタネ明かしが立て込みすぎて、バタバタと帳尻合わせをした感が否めない。動機も少し弱い。

息抜きとして読む分には面白いミステリーだが、ややインパクトに欠け、大御所の作品としては足りなさを感じる一作。