お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵ファミリー・ゲーム/(1998アメリカ)4.3点

ファミリー・ゲーム [DVD]

ファミリー・ゲーム [DVD]

【めでたし、めでたしで心がほっこり】

原作はドイツの児童文学作家エーリッヒ・ケストナーの『ふたりのロッテ』。『点子ちゃんとアントン』(ケストナー作)と同じく、“子はかすがい”の物語。

これは思わぬ拾いもの。いじらしくて、微笑ましくて、抱きしめたくなる映画。

【あらすじ】 

11歳のハリーとアニーは、キャンプで偶然出会い、自分たちが双子の姉妹であることを知る。

パパとママは二人が生まれて直ぐに離婚し、パパとハリーはロサンゼルスで、ママとアニーはロンドンで暮らしている。

キャンプの終わり、どうしてもパパに会いたいアニーはロサンゼルスへ、ママに会いたいハリーはロンドンへと、入れ替わって帰宅する。

ところが、パパに若い恋人が出現。2週間後に結婚すると聞いたアニーは慌ててハリーに連絡し、ロンドンのおじいちゃんと執事、ロサンゼルスの乳母を抱き込んで、パパとママを再びくっつけようと計画するが……。

【感想・レビュー】

2時間を超える作品だが、テンポがよく、コミカルで、文句なしに楽しめる。

とにかく、双子の姉妹(一人二役だが)が伸び伸び、溌溂として愛らしい。少し悪戯の度が過ぎる嫌いはあるが、無邪気で天真爛漫なので、オジサンとしては、何をやっても許してあげるという心境。

それに、とっても親思い。パパに会いたいアニーと、ママに会いたいハリー。そのいじらしさに映画の序盤からうるうるしっぱなし。そして、二人の企みのなんと可愛らしいこと!(このあたりが『点子ちゃんとアントン』とよく似ている)。

そのハリーとアニーを応援する、イギリス紳士のおじいちゃん(ダンディ!)、ママの家の執事(笑える!)、パパの家の乳母(あったかい!)の3人がまた素敵。なんていい人たちなんだろう。

パパ役は、『オーロラの彼方へ』でも息子思いの父親を演じたデニス・クエイド。親しみやすく子煩悩なパパ役がよく似合う俳優だ。ママ役は、『上海の伯爵夫人』のナターシャ・リチャードソン。上品で知的な雰囲気とその芸風は、何となく大好きなエマ・トンプソンを想わせる(残念ながら、8年前に亡くなったとか……)。ハリー&アニー役はお騒がせ女優のリンジー・ローハン。最近あまり見かけないが、当時のソバカス顔はホントにキュート。

老若男女、誰にでもオススメの一本。観た後は、心がほっこり温まること、間違いなし!