お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵フェノミナン/(1996アメリカ)3.7点

フェノミナン [DVD]

フェノミナン [DVD]

【悪くはないが……】

突然謎の閃光に撃たれて、驚異的な能力を得た男のその後を描いたファンタジー。期待外れではないが期待以上でもない、“まあまあ”の映画?

【あらすじ】

田舎町で平凡に暮らす自動車整備工のジョージは、37歳の誕生パーティーの夜、不思議な閃光に撃たれる。

その後、ジョージは、手を触れずに物を動かしたり、短時間で外国語をマスターしたり、地震を予知したりと、驚異的な能力を発揮し始める。

ジョージはその力を人のために役立てたいと考え、周囲の仲間たちに様々な働きかけをするが、仲間たちの大半は、彼を恐れ、遠ざける。

ジョージが想いを寄せるレイスもその一人だったが、彼の優しい人柄に触れるうち、次第に彼に惹かれていく……。

【感想・レビュー】

少し切ないが、不思議と後味のいい映画。

主人公ジョージは、驚異的な能力を得た後も、平凡だった頃と同じように親切で心優しく、自分が得た知識を人のために役立てようと奮闘する(少し似た設定の『アルジャーノンに花束を』では、主人公チャーリイは、驚異的な能力を得た後周囲を見下すようになる)。彼のそんなキャラクターがこの映画の後味の良さに繋がっているような気がする。

しかし、そんな心優しいジョージでさえ、周囲から好奇の眼で見られ、恐れられ、ついには疎外されてしまう。彼の本質は何も変わっていないのに。

人は往々にして、自分と異なるものを恐れ、排除しようとする。だぶんその心理が差別意識の正体なのだろう。それでも、自分と異なるものを理解しようとする人はいる。この映画でいえば、ジョージの恋人のレイスであり、親友のネイトであり、医師のブランデー先生だ。彼らは、ジョージの能力に戸惑いながらも、彼を避けようとはせず、彼の本質に目を向けようとする(レイスの子どもたちはごく自然に彼を受け容れる。子どもの目は本質を見抜くということか)。それがこの映画のメッセージだろうと思う。

それはそれとして……作品全体の印象としては、SF、恋愛、ファンタジー等の様々なテイストが盛り込まれ、退屈はしないものの、展開に意外性が乏しく、人の描き方も中途半端で、やや物足りなさは残る。

必見というほどではないが、観て損はない映画、といったところか。