お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵ドライビングMissデイジー/(1989アメリカ)4.4点

ドライビング Miss デイジー [DVD]

ドライビング Miss デイジー [DVD]

【なんて意地っ張りで愛らしいおばあちゃん!】

偏屈なユダヤ人元教師の老婦人と、無学だが陽気な初老の黒人運転手の絆を描く。

ジェシカ・タンディとモーガン・フリーマンの渋い演技が光るハートウォーミングドラマ。

【あらすじ】

舞台は、1948年のジョージア州アトランタ。買物に出かけようとした老婦人デイジーは、運転を誤って、隣の垣根に車で突っ込んでしまう。母の衰えを心配した息子のブーリーは、初老の黒人運転手ホークを雇うが、彼女はホークを頑として受け付けない。

しかし、ホークの粘りに根負けしたデイジーは、とうとう彼に運転を任せるようになる。

ホークの正直で陽気な人柄に触れ、次第に心を開いていくデイジー。やがて、二人の間に、主従の立場を超えた、かけがえのない信頼と友情が芽生えていく……。

【感想・レビュー】

この映画は、どストライク!

大袈裟なところやわざとらしいところがなく、上品で上質。温かくユーモラスで、何とも言えない滋味に溢れた、まさに心の琴線に触れる、という言葉がぴったりの珠玉のドラマ。

「八月の鯨/1987アメリカ」が好きな人なら、きっと気に入る作品だと思う。この二作品は、人と人の絆や老いというテーマを、柔らかい眼差しでごく自然に描いているところがよく似ている(人種差別の問題が根底に流れている点で、本作の方がやや社会的)。

偏屈で頑固で意地っ張りだが、心が真っ直ぐでどこか憎めないミス・デイジー。そんな彼女に半ば呆れながらも生来の陽気さで大らかに接するホーク。まるで長年連れ添った夫婦のような意地の張り合いやユーモラスな掛け合いがほのぼのとしていて、何とも微笑ましい。

ミス・デイジーを演じたジェシカ・タンディは、本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞(納得!)。そして、ホークを演じたモーガン・フリーマンも、毎度のことながら、圧巻の存在感(よく響く少し鼻にかかった声がいい)。

この映画は、淡々と流れる日常のひとコマひとコマを丹念に拾い、紡いで、二人のかけがえのない日々を鮮やかに写し取っている。たとえ年はとっても、大したドラマやハプニングなどなくても、人は輝けるし、人生は生きるに値する……静かで心地好い余韻に包まれて、そんなメッセージが染み染みと胸に響くヒューマンドラマの秀作。