お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独/(2009カナダ)4.3点

グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独 [Blu-ray]

グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独 [Blu-ray]

【クラシックファンなら必見!】

50歳の若さでこの世を去った天才ピアニスト、グレン・グールドの生涯を、数々の映像とインタビューで綴ったドキュメンタリー・フィルム。

【感想・レビュー】
エキセントリックな言動、端正な容貌、創造性溢れる演奏で、世界を魅了した天才ピアニスト、グレン・グールド。

『楽曲を分解し、別の形に組み直したかのような前例のないアプローチ』と評されるように、彼の革新的な演奏は当時一大センセーションを巻き起こし、現在でもクラシックシーンに多大な影響を与え続けている。

バーンスタンインがグールドとの共演の際に語った言葉が印象に残る……『演奏の主導権は、指揮者にあるのか演奏家にあるのか。私は二度もグールドに主導権を譲った。しかしこれは私の音楽ではない』。この言葉に、グールドの稀有の才能に対する天才指揮者の複雑な胸中(プライド、リスペクト、嫉妬心、ライバル意識等々)が垣間見えて、とても興味深い。

音楽のド素人がグールドの演奏を語るのは、不遜だし、愚の骨頂でもあるのだが、感じたままを言うと、グールドのピアノは、音の粒の一つ一つがクリアーで弾力が際立っている感じがする。緩急自在のテンポも斬新で流麗だ。確かに、楽曲に新しいイメージ(生命)を吹き込んでいるような印象は強い(グールドのバッハは、何とも楽しい)。芸術の目的が「完璧に美しい小宇宙の創造」だとしたら、彼の演奏はまさに芸術そのものだと思う。

しかし、素人にとってより興味深いのは、彼の人間性。彼はしばしば“孤独な天才”と称される。それを匂わせる彼の発言がある……『理解を拒む人々を遠ざけて、小さな世界を築く。それが現実からの逃避かどうかは、誰にも分からない。その世界で安らぎが得られないなら、あとは破滅するしか道はない』……なんという峻烈な言葉だろう。

しかし、彼と親交のあった人たちの証言では、彼の神経質で気難しく風変わりな一面とともに、その人間的な魅力が好意的に語られる。中でも、彼の知的でユーモラスな一面、繊細で愛情深い一面に触れた元恋人たちの証言は、愛し愛され、孤独なだけではなかった彼の半生を知ることができて、救われる。

映画としての評価は正直よく分からないが、数多くの録音・録画を通して人間グールドの実像に迫ったという点で、大変よく出来たドキュメンタリーだと思う。“謎は謎のままに”という作り手のスタンスも、グールドへのリスペクトが感じられて、好感が持てる。