お気楽CINEMA&BOOK天国♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵星の旅人たち/(2010アメリカ, スペイン)4.2点

星の旅人たち [DVD]

星の旅人たち [DVD]

【旅は道連れ、世は情け】

人生に疲れた一行のサン=ジャック(フランス)からサンディエゴ(スペイン)までの800kmの巡礼の旅を描く。

何となく自分も一緒に旅をしている気分になってくるロード・ムービーの秀作。

【あらすじ】

カリフォルニアの初老の眼科医トムは、突然、フランス警察から息子の死を知らされ、急遽フランスへ。

息子は「世界を見たい」と言って、大学院を中退し、ヨーロッパへ渡ったばかりだった。フランス警察によると、彼はサンディエゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅に出た矢先に不慮の死を遂げたという。

息子がなぜ世界を見たいと言ったのか、なぜ巡礼の旅に出ようと思い立ったのか……日頃会話らしい会話がなく、その想いを計りかねるトムは、息子のバックパックに遺灰を詰め込み、彼に代わって巡礼の旅に出る……。

【感想・レビュー】

サンディエゴ・デ・コンポステーラはエルサレム、ローマと並ぶキリスト教三大聖地のひとつ(聖ヤコブが眠る地)。

この巡礼は、日本で言えば、四国八十八箇所巡りといったところか。どちらも、古い歴史があること、巡礼の目的を問わないこと、中継地に多くの宿泊所が設置されていること等々、共通点は多いが、サンディエゴ巡礼が、ピレネー山脈横断の旅であることや800kmに及ぶ長旅であることから、スケール感は全く異っている。実際、山と平原の繰り返しのかなり過酷な旅のようだ。

トムの同行者は、痩せるために歩きに来たというオランダ人の青年、タバコ絶ちのために歩いているというカナダ人のバツイチ女、スランプ中のアイルランド人の中年作家。

道中、ワケアリの四人組は、口論したり、酒を酌み交わしたり、様々な事件に遭遇したりしながら、次第に打ち解けていく(トムのバックパックを盗んだジプシーの少年の父親とトムの物静かな心の交流は特に印象的。ヨーロッパにおけるジプシーの立場も映像を通して何となく理解できる)。

そして、目的地に近づくに連れ、それぞれの表情や行動に変化が表れる(その様子は、体に回った毒素が少しずつ浄化されて、次第に体力が回復していくプロセスを見ているかのよう)。その変化のプロセスこそがこの映画の肝であり、見どころだろうと思う。

旅の終わりに彼らが手にしたものは、魂の浄化か、生きる歓びか、それとも生まれ変わった自分か……。新たな希望の光が差し込むラストは、安らぎに満ちていて感銘深く、四人組の新たな旅立ちを秘かに祝したい気持ちにさせられる。

居間にいながらにして、壮大な巡礼の旅の追体験ができるのだから、やはり映画は素晴らしい(実体験に勝るものはないが、さすがに800kmは……ムリ)。