お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵コッホ先生と僕らの革命/(2011ドイツ)4.3点

コッホ先生と僕らの革命 [DVD]

コッホ先生と僕らの革命 [DVD]

【教育の原点がここにある】

19世紀後半の軍国主義下のドイツ。新任英語教師コンラート・コッホがサッカーを通して生徒たちに新風を吹き込んでいく姿を描いたトゥルー・ストーリー。

たまたまかもしれないが、ドイツ映画は粒揃いの印象がある(『ベルリン・天使の詩』『バグダッド・カフェ』『善き人のためのソナタ』『点子ちゃんとアントン』『マーサの幸せレシピ』etc)。本作もまた、ドイツの映画人の良心が滲み出た秀作。

全ての教育者と生徒、それから家族揃って観てほしい映画。

【あらすじ】

強制と服従が教育の基本であった軍国主義下のドイツの学校に、イギリス留学から帰国したコッホ先生が赴任する。

彼は生徒たちに“フェアプレー”と“チームプレー”の精神を教えるためにサッカーを授業に採り入れようとするが、反英感情の高まりもあって、他の教師や後援会から様々な圧力を受ける。

一方サッカーの楽しさを知った生徒たちは、サッカーとコッホ先生を懸命に守ろうとするが、後援会長の執拗な妨害工作により、コッホ先生は辞職の危機に追い込まれてしまう……。

【感想・レビュー】

これは間違いなく“いい映画を観た”と思わせてくれる映画。

感動の質は、何となく『コーラス/(2004フランス)』に似ている。ただし、『コーラス』が繊細で柔らかいのに対し、こちらは骨太で硬質という印象を受ける。(穿ちすぎかもしれないが)両国の国民性の違いが表れているようで、面白い。

映画的には多少の綻びはあるかもしれないが、何と言ってもこの映画の主役は生徒たち。サッカー精神を学んだ彼らが自らの困難な状況を克服しながら、師弟の絆や仲間との友情を育んでいく姿は、文句なしに感動的(この点は、生徒たちの生き生きした演技の勝利かもしれない)。また、コッホ先生の生徒たちに接する態度も、相手を敬うというフェアプレーの精神が感じられて、観ていて気持ちがいい(彼は生徒たちを『Gentlemen=諸君』と呼ぶ!)。

ちなみに、コッホ先生は実在の人。サッカーの精神が階級差別を克服するという信念のもと、サッカーのルール本をドイツ語に翻訳して出版、授業にサッカーを導入するなど、ドイツサッカーの創始者とされる。

……最後に一言。

こんな映画を学校で上映できないものかとつくづく思う。『赤い風船』、『奇跡の人』、『わが谷は緑なりき』、『アラバマ物語』、『遠い空の向こうに』etc子どもたち、先生たちに観てほしい映画は山ほどある。何よりの道徳(情操)教育になると思うのだが……。