お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵博士と彼女のセオリー/(2014アメリカ)3.8点

博士と彼女のセオリー [Blu-ray]

博士と彼女のセオリー [Blu-ray]

スティーヴン・ホーキングは、博士号を授与された際、教授陣から『次の目標は?』と聞かれて、こう答える。『時間に始まりがあることを1つの方程式で証明すること。すばらしくないですか?たった一つのシンプルでエレガントな方程式が、すべてを証明する』……偉大な人の言葉は、簡潔で力強い。

本作は、宇宙の起源の解明に挑んだ理論物理学者スティーヴン・ホーキングと彼を支えた妻のジェーン・ワイルドの波瀾の半生を描いた伝記映画。

【あらすじ】

1960年代、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴンは、あるパーティで、中世詩を専攻するジェーンと出会い、恋に落ちる。ちょうどその頃、スティーヴンは筋萎縮性側索硬化症を発症し、余命宣告を受ける。絶望するスティーヴンを献身的に支えるジェーン……やがて、2人は結婚し、新たな家庭で子供も授かるが、スティーヴンが身体の自由を奪われていくにつれ、夫婦の関係も微妙に変化していく……。

【感想・レビュー】

主としてスティーヴンとジェーンの夫婦の絆を描いた映画なので、ブラックホールやビッグ・バンなどの彼の偉業にまつわる秘話に興味がある人には、期待外れの映画かもしれない。また、2人の関係についても、序盤は明るい雰囲気だが(特にパーティでのダンスシーンは美しい)、中盤以降は綺麗事では済まされない夫婦の現実が描かれて、切なくほろ苦い。したがって、美談を期待する人にも、不向きの映画かもしれない(実話ベースなので致し方ないところだろう)。しかし、ラストのスティーヴンの一言は感動的だ。彼の半生は、「自分が生かされている意味」を探る旅のようなものだったに違いない。この(肯定的な)一言に、苦難の果てに辿り着いた彼の答が示されているようで、癒され、救われる。

この映画の見どころは、何と言ってもスティーヴンを演じたエディ・レッドメインの体当たりの演技(本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞)。目と眉だけの感情表現は只々見事と言うしかない。また、ジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズの演技も見事で、いかにも意志の強さを感じさせる凛々しい表情が強く印象に残る。

人生の真実を見せられて、色々考えさせられる映画だが、終盤がやや性急で、まとまりや盛り上がりに欠けるのが惜しいところ。