読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ(ネタバレなし)

🔵ビューティー・インサイド/(2015 韓国)4.0点

ビューティー・インサイド [Blu-ray]

ビューティー・インサイド [Blu-ray]

毎日、容姿が変わる恋人??……いかにも韓国映画らしい奇抜な設定のラブストーリーだが、中身は至って真面目な作品。ツッコミどころもなくはないが、恋人たちの哀歓を繊細かつ丁寧に描いているところが好印象。

【あらすじ】

家具デザイナーのウジンは18歳のときから、日々、容姿が変わるという特異体質になる。朝、目覚めると、老若男女、はては外国人まで様々な人間に変わってしまうことから、普通の暮らしが出来ず、ネットを使って生計を立てている。そんなウジンが家具専門店で働く美しい女性、イスに恋をした。ウジンは、若いイケメンの姿になった日にイスに声をかける。イスとのデートを続けるため3日間徹夜したウジンだが、うっかり電車で寝入ってしまい、目覚めたらハゲ頭の中年男の姿に……しかし、どうしてもイスを諦めきれないウジンは、ある日、若い女性の姿のままイスに会いに行く……。

【感想・レビュー】

イスを演じるハン・ヒョジュの清楚な美しさが光る一作(彼女を眺めているだけであっという間の127分!)。「日々容姿が変わる男?を愛してしまった女」という、かなり無理筋のシュチエーションにそれほど違和感なく入り込めるのは、彼女の美しさと演技力にそれだけの説得力があるからだろう。将来が見えない恋愛へのイスの葛藤や苦悩、刹那の歓びなどが、そのときどきの表情からひしひしと伝わって、否応なく切ない気持ちにさせられるのだ(彼女の愁いを帯びた表情は本当に魅力的。キレイな歯並びがのぞく笑顔も素敵だが)

ウジンからプロポーズされたイスは、薬に頼るほど悩み苦しんだ末に、答を出す。それは、「愛するのは人の容姿か心か」という本作のテーマに対する答でもある。

また、本作で興味を惹くのは、「世間体」という問題(いかにもアジア的)。これも本作のテーマの一つなのかもしれない。いつも違った男と連れ立って歩くイスへの世間の中傷、ウジンのことを父や姉に打ち明けられないイスの後ろめたさ……そんなイスの苦しみが情緒的によく分かるからこそ、ラストの感動も格別なのだろう。

ウジンとイスの関係だけでなく、二人の親子、姉妹、友人関係を丁寧に描いているところも評価できる。これらの関係を疎かにしないことによって、この映画のリアリティが格段に増しているような気がする。

ユニークなアプローチで恋愛の本質に迫った一作。ハン・ヒョジュが光っているだけに、上野樹里の役柄はちょっと残念……。