お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵34丁目の奇跡/(1994アメリカ)4.3点

34丁目の奇跡 [Blu-ray]

34丁目の奇跡 [Blu-ray]

1947年の「三十四丁目の奇蹟」のリメイク版。夢があって愛があって、とても上質なクリスマス・ムービー。ストーリーに意外性と説得力があって、大人でも十分愉しめる(……ちょっとナメてたかも)。これは愛すべき映画。次はオリジナル版も観てみたい。

【あらすじ】

落ち目のデパート、コールズのクリスマス商戦のイベントで、突然サンタ役に穴が空いたことから、イベント担当のキャリアウーマン、ドリーは、たまたま出会った謎の老人クリスを代役としてスカウトする。自分を本物のサンタと言うクリスは一躍人気者になるが、ドリーと愛娘のスーザンはサンタの存在を信じない。そんなある日、クリスの人気ぶりに業を煮やしたコールズのライバル店の陰謀によって、クリスは逮捕されてしまう。そして、クリスが只の気の触れた老人なのか、それとも本物のサンタなのかを争う裁判が始まるのだが……。

【感想・レビュー】

一見ファンタジー風の映画だが、トナカイが空を飛んだり、サンタが魔法を使ったりするシーンはない。サンタが裁判の被告人になるという前代未聞のピンチのシーンでも、一発逆転の行動はない。「サンタじゃなくて只のホラ吹きじいさんかい!」とツッコミたくなるところだが、この映画のミソは、サンタをスーパーヒーローとしてではなく、ちょっと変わってはいるがごくフツーの老人として描いているところにある。肝心なのは、サンタが起こす奇跡なのではなく、人々の「夢を信じる心」なのだ。サンタは夢を信じる人の心の中にいる。そんな(夢を信じる)人たちがサンタを救うシーンは、ささやかな奇跡を見ているようで、思わずウルッときてしまう。

この映画、サンタ役のリチャード・アッテンボローがなんともいい味だ(まさにハマリ役!)。包容力のある温かい人柄が演技に滲み出ていて、「このじいちゃん、いい歳の取り方をしてるなあ」としみじみ感じ入ってしまう(彼もまたイギリス紳士。その辺の俳優とは風格が違う)。スーザン役のマラ・ウィルソンもおマセでとてもキュート。最後までサンタの存在に懐疑的なドリーに『ママは完全に間違ってます!』 と一喝するシーンなどは、胸がすく思いがする(ドリー役のエリザベス・パーキンスは本当にキレイ。確か「ビッグ」でトム・ハンクスと共演してたような……)。

夢を信じる心が奇跡を起こす……そんなメッセージが込められた、ピュアでハートフルな映画。是非、家族団欒で観てほしい作品。