お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔴ビブリア古書堂の事件手帖7/三上延(メディアワークス文庫)4.1点

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

本作は、古書を題材(ネタ)にしたミステリーシリーズの完結編。

各巻でネタとなった書物はどれも興味を惹かれるものばかりで、その渋いチョイスに唸らされ(「おっと、そうきたか!」という感じ)、それぞれの書物の謂れや古書業界の内幕などの薀蓄も愉しめて、本好きには堪らないシリーズ(古書モノに興味のある方は「せどり男爵数奇譚/梶山季之」もオススメ)。中でも、第1巻の小山清(「落穂拾ひ・聖アンデルセン」)、第3巻のロバート・F・ヤング(「たんぽぽ娘」)、第4巻の江戸川乱歩(「孤島の鬼」「押絵と旅する男」)などは、自分のツボにピタリとはまるチョイスで、この作家に長年の同志のようなシンパシーを感じたほど。

【感想・レビュー】

……で、今回のネタは、人類の文化遺産とも呼ぶべき、シェイスピアの戯曲。こんな大ネタを最後の最後に披露するなんて、三上さんもなかなか憎い。

本作では、シェイクスピアの戯曲を集めた最古の作品集(ファースト・フォリオ)をめぐる篠川智恵子・栞子母娘の最後の対決と、栞子と大輔の純な恋の結末が描かれている。今回も、栞子・文香姉妹は可愛いし、展開もなかなかスリリングで、満足の出来なのだが、母親の智恵子だけはとうとう最後まで好きになれなかった(なんて愛嬌のない女!)。

そして、このシリーズの魅力がもう一つ。本のカバーイラストがこの小説のイメージにピッタリなこと。越島はぐさんの絵は、線や色が柔らかく、ノスタルジックな雰囲気が漂っていて、とても好印象。

最後に……ふと思い出したのだが、シェイクスピアの「ハムレット」の『To be, or not to be, that is the question』というセリフ。これを『生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ』と訳した翻訳者のセンスは、本当に凄いと思う。