お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵イーグル・ジャンプ(2016アメリカ,イギリス,ドイツ)4.3点

イーグル・ジャンプ (2枚組)[Blu-ray + DVD](初回生産限定)

イーグル・ジャンプ (2枚組)[Blu-ray + DVD](初回生産限定)

 1988年のカルガリー冬季オリンピック。ジャマイカのボブスレーチームと並んて話題を集めたのは、イギリス史上初のスキージャンパー、エディ・エドワーズ。本作は、オリンピックに賭けた彼の情熱的な半生を描いた、実話に基づく物語。「クール・ランニング」も良かったが、この作品もまた素晴らしい。

【あらすじ】

エディは、近視で運動オンチだが、幼い頃からオリンピックへの憧れは人一倍。スキー(滑降?)競技で芽が出なかった彼は、スキージャンプに目を付け、イギリス代表の資格を得るために、ドイツの合宿所へ向かう。そこで彼が出会ったのは、元天才スキージャンパーで、今や只の呑んだくれのブロンソン・ピアリー。エディは嫌がるブロンソンにコーチを頼み込み、いよいよど素人ジャンパーと落ちこぼれコーチ2人のオリンピックへの挑戦が始まる……。

【感想・レビュー】

たとえ他人から嗤われても、馬鹿にされても……一途であることはこんなにも美しい、そう痛感させられる映画。確かにエディはヘンな男。思慮に欠けるし、お調子者だし、大した才能もないし、誰が見ても少々妄想癖のある変わった青年なのだが、彼は自分を信じ、自分の幼い頃からの夢を諦めない。この映画を観て改めて思うのは、人生の夢が叶うかどうかは、資質や才能以前に、自分を信じることができるかどうかにかかっているということ。もっとも、自分を信じられるというのも一つの才能かもしれないが……。

そして、そんな才能を持った人がもう一人。我が子の無鉄砲な夢をいつまでも応援し続けるエディのお母さん。この母の愛には泣かされる(なんて愛情豊かで肝の座ったお母さんだろう!)。世界中からどんなに呆れられても、エディを無条件で信じるお母さんは、この映画の中で一番魅力的なキャラクターだと思う。

また、スキージャンプ仲間で只一人、エディを認めてくれた世界最年少チャンピオン、マッチ・ニッカネン(フィンランド)のセリフも印象的。

『俺と君は時計の1時と11時みたいなもの。遠いけど他のやつらより近い。勝ち負けにこだわるのはザコだ。俺たちは魂を解き放つために飛ぶ。今日、歴史を作るのは俺たちだけ。世界中が見ている中でベストを出せなきゃ、俺たちの魂が死ぬ。……永遠に』。常に高みを目指す人の言葉は、力強くて、美しい。

一途であること、努力すること、諦めないこと……日常に流されがちな我々に、それがいかに大切なことかを、この映画は教えてくれる。エディの挑戦する姿がシンプルに胸を打つ、爽快な一作。