お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵ブリキの太鼓/(1979ドイツ)3.8点

ブリキの太鼓 [DVD]

ブリキの太鼓 [DVD]

ドイツのノーベル賞作家ギュンター・グラスの同名小説の映画化。ちなみに原作の方は、一時期ブームになったので一応買ってはみたのだが、余りの分厚さに恐れをなして、未だに1ページも開いていない。しかし、この映画を観た後で読む気になれるかどうか……。

【あらすじ】

大人並みの知能を備えてこの世に誕生したオスカルは、大人の世界の醜悪さに絶望し、3歳の時、自らの意志で階段を落ち、成長を止めてしまう。彼はブリキの太鼓を肌見離さず持ち歩き、取り上げられそうになると、声帯から発する超音波でガラスを割って周囲に抵抗する。そんな彼を見かねた母親は、ノイローゼの果てに自殺してしまう。やがてドイツではヒトラーが台頭し、次第に彼も戦火の渦に巻き込まれていく……。

【感想・レビュー】

なんて奇怪で不気味でパワフルな映画だろう。世に「怪作」とか「問題作」とか呼ばれる作品は数多あるが、ただひたすら悪の可能性を追求している点で、これこそが「怪作」と呼ばれるに相応しい映画だろうと思う。

オスカルの誕生シーンのグロさ、太鼓を叩いては奇声を発するオスカルの異様さ、オスカルを苛める悪童たちの残酷さ、一斉にナチズムに感化され、ユダヤ人排斥に走る街の人々の愚かさ……。そんな毒気に当てられて徐々に不快感が募っていくが、この映画には、そんな不快感を吹き飛ばしてしまうほどの圧倒的なエネルギーがある。それは凶々しい、負のエネルギーではあるが、有無を言わせぬ力があって、観る者の常識を嘲笑し、良心を蹂躙する。良くも悪くもそんなパワーを感じる映画。

特に印象的なのは、ナチス高官の演説会に集まった群衆が、音楽隊の場違いな演奏に合わせてワルツを踊り出すシーン。そのアイロニーは余りにも痛烈で、この映画が人間の愚かさを描いた寓話だとすれば、それを象徴する名シーンと言える。また、時折挿入されるオスカルのモノローグも印象的。その言い回しには詩的な響きがあって文学的な格調を感じさせ、この作品の質を高めるのに効果を上げている(原作からの引用なのだろうか)。

この映画の救いは、オスカルが再び成長を決意するシーンだろうか。そこに家族も恋人も失ったオスカルの再生の姿を見せられて、少しは安堵する。

濃いスープをドップリと飲まされたような気分の映画だが、人間の本質の一端を鋭くえぐり取った稀有の一作。