読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ(ネタバレなし)

🔵シング・ストリート/(2016アイルランド)4.4点

シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディション [Blu-ray]

シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディション [Blu-ray]

「ONCE ダブリンの街角で」、「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督作品。「ONCR ……」の方は正直なところピンとこなかったが、「はじまりのうた」は、本当に素敵な作品だった。

本作「シング・ストリート」は、1985年当時の大不況下のダブリンを舞台にした青春(音楽)映画。

【あらすじ】

父親の失業のあおりで、荒れた学校に転校させられた14歳の少年コナーは、校長の叱責や父母の諍いで毎日が憂鬱。そんなある日、コナーは偶然、年上の美しい女性ラフィーナに出会い、たちまち恋に落ちる。ラフィーナの気を引きたいコナーは、バンド活動中と嘘をつき、そのPVへの出演まで頼み込んでしまう。それからコナーの慌ただしい日々が始まる。バンドのメンバー集め、曲作り、演奏の特訓……そして、彼らのバンド「シング・ストリート」は着実に力を付け、コナーとラフィーナの仲も次第に深まっていくのだが……。

【感想・レビュー】

無理解な親への諦念、理不尽な教師への反撥、バンド仲間との友情、異国(ここではないどこか)への憧れ、そして年上の女性への切ない想い……この映画には思春期の男の子のすべてが詰まっている。純な若者のひたむきさや無鉄砲さがときにユーモラスに、ときにほろ苦く描かれて、笑えるし、泣ける。そして、彼らの宝物のような日々を鮮やかに彩る音楽の素晴らしさ。80年代のUKロックのサウンドが映像にジャストフィットして、観る者の気分を高揚させる。ジョン・カーニー監督の音楽センスに改めて脱帽。

音楽の使い方、舞台設定、ラストの高揚感などが何となく「小さな恋のメロディ/1971イギリス」を彷彿とさせる、上質な映画。

……それにしても、ラフィーナは綺麗。コケティッシュでとても魅力的だ。彼女がコナーをふった後のセリフがキマってる……「『悲しみの喜び』を知って。それが愛よ。悲しみと喜びは一緒なの」。これにも、脱帽。