お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

BOOK(時代小説)

🔴本「巡る桜 上絵師 律の似面絵帖」/知野みさき(光文社時代小説文庫)感想*なんだろう?この居心地の良さは……*レビュー4.2点

巡る桜: 上絵師 律の似面絵帖 (光文社時代小説文庫) 【人の情が身に沁みる】 書店でたまたま「上絵師 律の似面絵帖」シリーズの第四弾となるこの本を見かけまして……律ちゃんの後見人を秘かに自認する爺様としては、見過ごす訳にもいかず……ということで、早速…

🔴本「静かな木」/藤沢周平(新潮文庫)感想*老作家の匠の技が光る、渋すぎる短編集*レビュー4.2点

静かな木 (新潮文庫) 【これぞ匠の技、見事な職人芸】 藤沢周平というと、自分の中では、作家というより職人というイメージですかね。 この作品集もどこかしら“名工の手による優れた工芸品”を彷彿とさせるものがあります。 渋く落ち着いた印象のなかにも軽…

🔴本「うずら大名」/畠中恵(集英社文庫)感想*「ご吉兆〜」と鳴く鶉キャラ登場*レビュー3.7点

うずら大名 (集英社文庫) 【「ご吉兆〜」と鳴く鶉が主役】 うーん。しっかりした造りの安定した作品だとは思いますが、何となく物足りない印象が残ります。出来としては、可もなく不可もなしといったところでしょうか(失礼)。 鶉(うずら)の佐久夜は愛嬌…

🔴本「舞う百日紅」・「雪華燃ゆ」/知野みさき(光文社時代小説文庫)感想*恋に仕事にひたむきに生きる女性を描いた上絵師・律の似面絵帖シリーズ第二弾、第三弾*レビュー4.3点

舞う百日紅: 上絵師 律の似面絵帖 (光文社時代小説文庫) 雪華燃ゆ: 上絵師 律の似面絵帖 (光文社時代小説文庫) 【恋に仕事にひたむきに】 「上絵師 律の似面絵帖」シリーズ第一弾の「落ちぬ椿」のその後が気になって、第二弾の「舞う百日紅」に挑戦。 で、更…

🔴本「風の市兵衛」/辻堂魁(祥伝社文庫)感想*カッコよすぎるニューヒーロー、“風の市兵”衛見参!*レビュー4.4点

風の市兵衛 (祥伝社文庫) 【時代小説の魅力全開、“風の市兵衛” 見参!】 最近は、“ただ面白い本を読みたい”という単純な欲求だけで読書を続けていますが、この作品は大当たり。とにかくストーリーがよく出来ていて、キャラクターも魅力的。抜群に面白い時代…

🔴本「落ちぬ椿」感想*下町の人情が心に沁みる、日本人の感性にぴったりの物語*知野みさき(光文社時代小説文庫)レビュー4.2点

落ちぬ椿: 上絵師 律の似面絵帖 (光文社時代小説文庫) 【恋に仕事に一途な女職人シリーズの開幕】 『上絵師 律の似面絵帖』シリーズの第一作。作者はミネソタ大卒、バングーバー在住とか。そんなキャリアの人が、なんで時代小説なんでしょう。そのギャップに…

🔴本「銀二貫」感想*あゝ、日本人で良かった*髙田郁(幻冬舎時代小説文庫)レビュー4.4点

銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫) 【あけましておめでとうございます】 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、新春第一弾は、正月気分に相応しい?人情モノの時代小説です。 これは泣けます。時代小説でこんなに泣けたのは『蛍草/葉室麟』以来です。元…

🔴本「阿蘭陀西鶴」/朝井まかて(講談社文庫)*一流作家の表現力を味わえる作品*レビュー4.0点

阿蘭陀西鶴 (講談社文庫) 少々ジジくさいが、時代小説はいい。葉室麟の「蛍草」、乙川優三郎の「生きる」、宇江佐真理の「糸車」などは本当にいい作品だと思う。今回は、「すかたん」の才を評価して朝井まかてをチョイス。 本作は、江戸前期に活躍した浮世草…