お気楽CINEMA&BOOK天国♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵ぼくとアールと彼女のさよなら/(2015アメリカ)4.1点

ぼくとアールと彼女のさよなら(特別編) [DVD]

ぼくとアールと彼女のさよなら(特別編) [DVD]

【フレッシュ&リアル&等身大】

気負いも衒いもなく、自然体で撮られた青春映画の佳作。随所に監督のセンスが光る。これだからアメリカ映画は侮れない。

【あらすじ】

自意識過剰で自己嫌悪に悩む映画オタクの高校生グレッグは幼い頃からの遊び仲間のアールと、パロディ映画を作るのが唯一の趣味。

ある日、グレッグは母親から、同級生のレイチェルが白血病になったと聞かされ、彼女の話し相手になるよう強制される。初めはぎこちなかったグレッグだが、徐々にレイチェルと打ち解け、二人の間に奇妙な友情が芽生えていく。

そして、グレッグは彼女を励ますため、映画の新作に取り掛かるが、彼女の病状は次第に悪化していく……。

【感想・レビュー】

少し切ないストーリーだが、ベタッとした締めっぽさはなく、テイストは、「(500)日のサマー」や「最低で最高のサリー」に似て、ドライでライト。日本であれば、涙、涙で終わりそうな物語を、サラッとコミカルに仕上げて、清涼感すら醸し出すセンスは、アメリカ映画ならではだろう。

この映画、2015サンダンス映画祭のグランプリ&観客賞受賞作品らしい(なのに日本では劇場未公開?)が、観るほどに、なるほどと納得。

何よりグレッグのキャラクターが面白い。他人との関わりを避け、自分の殻に閉じ籠る極端に自意識過剰な少年は、幼馴染のアールを(“友だち”と言わず)“仕事仲間”と表現し、周囲の女の子を無神経なヘラジカに例え、自分をそのヘラジカに踏み潰されるシマリスに例える。そのナイーブな発想がいかにも10代の男の子らしくて、好感が持てる。

賢くてしっかり者のレイチェルの存在感も格別。彼女の存在は、観る者の胸に、一迅の涼風が吹き渡った後のような清冽な余韻を残す。

また、印象的なのは、グレッグとレイチェルの関係。この二人の微妙な距離感が何とも新鮮。ありがちな男の子と女の子の恋物語の形を避け、最後まで(一定の距離感を保ったまま)ピュアな友情物語で押し通したところに、この監督の上品さや非凡なセンスが感じられる。

グレッグ&アール制作のパロディ作品も見どころの一つ(ユニークでお洒落!)。個人的には、『アギーレ〜神の怒り/(1972西ドイツ)』(ヴェルナー・ヘルツォーク監督)へのグレッグの入れ込みようにいたく共感。もうそれだけでこの監督にシンパシーを感じてしまう。

🔵星の旅人たち/(2010アメリカ, スペイン)4.2点

星の旅人たち [DVD]

星の旅人たち [DVD]

【旅は道連れ、世は情け】

人生に疲れた一行のサン=ジャック(フランス)からサンディエゴ(スペイン)までの800kmの巡礼の旅を描く。

何となく自分も一緒に旅をしている気分になってくるロード・ムービーの秀作。

【あらすじ】

カリフォルニアの初老の眼科医トムは、突然、フランス警察から息子の死を知らされ、急遽フランスへ。

息子は「世界を見たい」と言って、大学院を中退し、ヨーロッパへ渡ったばかりだった。フランス警察によると、彼はサンディエゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅に出た矢先に不慮の死を遂げたという。

息子がなぜ世界を見たいと言ったのか、なぜ巡礼の旅に出ようと思い立ったのか……日頃会話らしい会話がなく、その想いを計りかねるトムは、息子のバックパックに遺灰を詰め込み、彼に代わって巡礼の旅に出る……。

【感想・レビュー】

サンディエゴ・デ・コンポステーラはエルサレム、ローマと並ぶキリスト教三大聖地のひとつ(聖ヤコブが眠る地)。

この巡礼は、日本で言えば、四国八十八箇所巡りといったところか。どちらも、古い歴史があること、巡礼の目的を問わないこと、中継地に多くの宿泊所が設置されていること等々、共通点は多いが、サンディエゴ巡礼が、ピレネー山脈横断の旅であることや800kmに及ぶ長旅であることから、スケール感は全く異っている。実際、山と平原の繰り返しのかなり過酷な旅のようだ。

トムの同行者は、痩せるために歩きに来たというオランダ人の青年、タバコ絶ちのために歩いているというカナダ人のバツイチ女、スランプ中のアイルランド人の中年作家。

道中、ワケアリの四人組は、口論したり、酒を酌み交わしたり、様々な事件に遭遇したりしながら、次第に打ち解けていく(トムのバックパックを盗んだジプシーの少年の父親とトムの物静かな心の交流は特に印象的。ヨーロッパにおけるジプシーの立場も映像を通して何となく理解できる)。

そして、目的地に近づくに連れ、それぞれの表情や行動に変化が表れる(その様子は、体に回った毒素が少しずつ浄化されて、次第に体力が回復していくプロセスを見ているかのよう)。その変化のプロセスこそがこの映画の肝であり、見どころだろうと思う。

旅の終わりに彼らが手にしたものは、魂の浄化か、生きる歓びか、それとも生まれ変わった自分か……。新たな希望の光が差し込むラストは、安らぎに満ちていて感銘深く、四人組の新たな旅立ちを秘かに祝したい気持ちにさせられる。

居間にいながらにして、壮大な巡礼の旅の追体験ができるのだから、やはり映画は素晴らしい(実体験に勝るものはないが、さすがに800kmは……ムリ)。

 

🔵スイート・スイート・ビレッジ/(1985チェコ)4.3点

スイート・スイート・ビレッジ イジー・メンツェル監督 [Blu-ray]

スイート・スイート・ビレッジ イジー・メンツェル監督 [Blu-ray]

それぞれの日常、それぞれの人生

チェコがまだチェコスロバキアであった時代の映画。(終焉間近の)社会主義体制下での村人たちの悲喜こもごもの日常をコミカルに描く。東欧の田舎の美しい田園風景と村人たちの温かい人情が見どころ。

【あらすじ】

舞台は、首都プラハの南にある小さな村。社会主義体制下の集団農場でコンビを組む、ちょっと頭の弱いオチクと彼の父親代わりの太っちょのパヴェクは、毎朝、仲良く農場に出勤。

しかし、オチクはいつもヘマばかり。ある日、とうとうパヴェクの怒りが爆発し、オチクに絶交を宣言する。

失意のオチクは、プラハへの移住を決めるが、オチクのことが心配でたまらない村人たちは、必死で彼を引き止めようとする……。

【感想・レビュー】

質素な村の素朴な住人たちの人情が心に染みるヒューマンドラマ。物語は、オチクとパヴェクの友情?を軸に、村人たちの日常の悲喜劇を織り交ぜながら、軽妙なテンポで進行する。

運転中いつも詩の朗読に夢中になって、クルマをぶつけてばかりの村医者、村の学校教師にフラレて自殺未遂をするパヴェクの息子、嫉妬深い夫の目を盗んで不倫に走る人妻……結構重たいエピソードが輻輳的に描かれるのだが、湿っぽい雰囲気は微塵もなく、むしろ全編に飄々とした可笑しさが漂っている。それはおそらく、村人たちの大らかな人間性や持ちつ持たれつの(運命共同体的)関係にある村人たちの親和性に起因するものだろう。窮屈な政治体制下にあっても、皆で助け合って日々の暮らしをとことん愉しもうという、チェコ人の心意気のようなものが随所に感じられて、心が和む(“第7階段のビール”のエピソードは特に秀逸!)。

それにしても、イジー・メンツェル監督の人間に対する温かい眼差しとケレン味のない自然な作風は“素晴らしい”の一言。人の善意を信じて疑わない人間肯定の作品は、観ていて本当に気持ちがいい。本作は、公開当時、世界中で評価されたという。その事実は、人間の本性が善であることを証明しているようにも思えて、素直に嬉しく思う。

地味で目立たない小品ではあるが、染み染みと“いい映画だなあ”と思える作品。機会があったら、是非お見逃しなく!

 

🔵PK(ピーケイ)/(2014インド)4.1点

PK ピーケイ [Blu-ray]

PK ピーケイ [Blu-ray]

【神さまが行方不明?】

「きっと、うまくいく」の監督&主演が再びタッグを組んだSFファンタジー系コメディ?ドラマ。ジャンルさえ混沌としているところが、いかにもボリウッドらしい。

【あらすじ】

留学先のベルギーで失恋を経験したジャグーは、インドに帰郷し、TVリポーターとして働くが、つまらないネタの取材ばかりでウンザリしている。

そんなある日、彼女は『神さまが行方不明』と書いたチラシを配っている“PK”(酔っ払い)と名乗る謎の青年に出会う。

ジャグーはPKに特ダネの匂いを嗅ぎ付け、取材を敢行するが、彼の話はおよそ信じられないものばかり。

しかし、神さまを必死に探すPKの純粋さに惹かれてTV出演させると、彼の(宗教に関する)シンプルな疑問は視聴者の大きな反響を呼ぶ。  

そして、事態は次第に“PK vs ヒンドゥ教導師”の様相を帯びていく……。

【感想・レビュー】

切ないラブストーリーの中に、親子愛、偏見、宗教問題など多様なテーマを織り込みながら、泣き笑いのツボを外すことなく一気にクライマックスまで引っ張っていく展開力は、さすがボリウッドの感がある。

社会的問題に斬り込んだ作品なだけに「きっと、うまくいく」ほどの爽快感や高揚感こそないものの、メッセージ性とエンタメ性のバランスのとれた、よく出来た作品ではある。

最も印象深いのは、PKが宗教家や宗教ビジネスの矛盾をシンプルな言葉で鋭く指摘する、PKとヒンドゥー教導師との対決シーンだろう。神のメッセージを自分に都合のいいように伝える宗教家の発言を“電話のかけ間違い”に例える発想は、特に秀逸だ。

『(宇宙の創造主たる神は人間の助けなど借りなくても自分の身は守れる)。神を守ると人間が言ったせいで、(爆弾テロで)兄貴は死んだ。靴だけが残った。神を守るのはよせ。でないと、この世は靴しか残らない。』

『(神に違いがあるのか?)。違いを作ったのは人間だ。これが地球で一番危険な“かけ間違い”だよ。人を殺し、人を引き裂く』

これらのPKの警句には、長年、テロや宗教対立、カースト差別などに苦しんできたインドならではの切実なメッセージが込められている(「ボンベイ」「ミルカ」「マイネーム・イズ・ハーン」などを観るとインドの宗教対立の根深さがよく分かる)。本作は、多様な宗教の共存の道を、国境や民族、文化の壁を越えて世界に示している点で、とても貴重な作品だと思う。

主演のアミール・カーンは「チェイス!」の頃から“耳の大きな人”というイメージだったので、本作の宇宙人役はまさにドンピシャの配役。共演のアヌーシュカ・シャルマー(「命ある限り」)は相変わらずヘン顔だけど、コケティッシュでキュート。ただ、お約束の歌と踊りについては、今回は可もなく不可もなしの印象(曲がイマイチ?)。

本作のような“シリアスなコメディ”を違和感なく成立させてしまうところがインド映画の凄さだろう。その振り幅の大きさにインド映画の可能性と魅力が潜んでいるように思う。

🔵こねこ/(1997ロシア)4.3点

こねこ [DVD]

こねこ [DVD]

【こねこがキュート!犬派もたぶんOK?】

最近出た?Blu-rayで視聴。こねこがたまらなくキュートで癒やされる。人と猫のかけがえのない絆を描いた心温まる一作。

【あらすじ】

モスクワの音楽家一家に引き取られた生後3ヶ月のこねこチグラーシャ(トラ猫)は、イタズラが絶えず、お父さんに叱られてばかりだが、子どもたちから可愛がられ、満ち足りた日々を過ごしている。

しかしある日、チグラーシャは、窓から落ちてトラックの幌の上へ。

見知らぬ街へ連れて行かれ、迷子になってしまったチグラーシャはドーベルマンに襲われそうになるが、間一髪のところで一匹の猫に助けられる。その猫は、猫好きの貧乏な中年男フェージンの飼い猫だった。

チグラーシャは、しぱらくフェージンの厄介になるが、彼も、怪しげな地上げ屋からアパートの立ち退きを迫られていて、長居はできそうにない。

はたしてチグラーシャは無事に音楽家一家の元に戻れるのだろうか……。

【感想・レビュー】

この映画、音楽の使い方とカメラワークが抜群にうまい。ねこの驚きや喜び、恐怖心などを様々な音楽を使って活き活きと表現し、猫目線のカメラワークで緊迫感や臨場感を演出して、チグラーシャの放浪の旅を一大スペクタクルとして見せてくれる。

猫たちの自然体の演技?も素晴らしい。その表情や仕草から、それぞれの猫の性格の違い(優雅とか勇敢とか好奇心旺盛とか)が一目瞭然に分かって面白く、そんな猫たちが力を合わせて食料を調達するシーンなど、本当によく撮れているなあと感心する(監督の猫目線へのこだわりと猫愛が伝わって来て、ほっこりさせられる)。中でも主役のチグラーシャの可愛らしさは別格。猫好きでなくてもメロメロだ。

前半やや退屈なところはあるが、後半、冴えない中年男フェージンが登場する辺りから物語は一気に加速する。

生活に困窮しながらも猫たちに惜しみない愛情を注ぐ心優しきフェージンと、彼を守るために地上げ屋に敢然と立ち向かう猫たちとの絆の強さ、美しさに、ジーンとさせられる。また、フェージンと猫たちのささやかな幸福を予感させるラストシーンも、染み染みとした味わいがあって、印象深い。こんな慎ましいハッピーエンドもなかなかいいもんだ。

観ている間中、心癒され、観終わった後は心地好い余韻に浸れる佳作。何かと親切なモスクワっ子にもシンパシーを感じてしまいます。

🔵グッバイ、サマー/(2015フランス)3.7点

グッバイ、サマー [Blu-ray]

グッバイ、サマー [Blu-ray]

【14歳の等身大の少年たちのほろ苦い青春】

フランスの少年たちのひと夏の冒険を描いた、ビタースイートな青春映画。14歳の男の子は、単純なのにややこしく、純心なのに扱いにくい。難しい年頃なのは、どうやら万国共通のようだ。

【あらすじ】 

画家を目指すダニエルは、女の子のような容姿で学校の友だちから馬鹿にされ、家庭でも過干渉の母親やパンク狂の兄に囲まれ、息苦しい日々を過ごしている。

そんなある日、クラスに目立ちたがり屋で趣味が機械いじりという、ちょっと変わった男の子タオが転入してくる。

二人はたちまち意気投合し、窮屈な毎日から脱出するための“ある計画”を思い付く。それは、夏休みにスクラップで作った車(ログハウス?)で旅に出るという計画だった……。

【感想・レビュー】 

『シング・ストリート』と同じく、監督の自伝的要素の強い作品。悩み多き等身大の14歳を描いて、好感の持てる作品であるが、ややドラマ性が乏しく、物足りない気がしないではない。良く言えば素朴でリアル、悪く言えば面白味や余韻がイマイチといったところか。

しかし、ダニエルとテオが夏休みにオンボロ車(ログハウス?)で冒険旅行に出るシーンは、なかなか面白い。自由と自立を求め、“ここではないどこか”に憧れる少年の気持ちは、14歳を経験した男なら誰しも共感できるところだろう。

旅先で数々のハプニングに見舞われつつも何とか旅を続ける二人の姿も、滑稽ではあるが笑えない必死さがあって、眩くもある。この辺りの描写は、伸びやかで活き活きしていて、気持ちがいい。それにしても、ヨーロッパの少年の冒険は、どこか大陸的な大らかさがあって、羨ましい気もする。

この映画を観ていると、14歳の頃の自分を思い出して懐かしくもあるが、同時に、あまりに幼稚で愚かだった自分の姿もダブって見えて、気恥ずかしい気分にもさせられる(ホントにアホだった!神様から「14歳に戻してやる」と言われても、絶対御免被りたい)。

これは少年が大人になるための通過儀礼を描いた映画。「アメリ」のオドレイ・トトゥがダニエルのお母さん役で出演している点も、妙に感慨深い。

🔴13ヶ月と13週と13日と満月の夜/アレックス・シアラー(求龍堂)4.3点

13ヵ月と13週と13日と満月の夜

13ヵ月と13週と13日と満月の夜

【ノンストップ・ファンタジー】

12歳の勇敢な女の子、カーリーの不思議な体験を描くダーク・ファンタジー。一見、中学生向けの童話のような物語だが、大人が読んでも十分愉しめる良作。

【あらすじ】

邪悪な魔女姉妹の計略によって、自分の体を老婆(魔女)の体とすり替えられた12歳の女の子カーリー。

彼女は、優しい父母から引き離され、老人ホームに送られてしまう。

13ヶ月と13週と13日が過ぎてしまえば体を取り返せなくなると知った彼女は、かつて同じように魔女に体を奪われたメレディスと力を合わせ、魔女姉妹と対決しようと決意するが……。

 【感想・レビュー】

ハラハラドキドキの展開でイッキ読みの小説。ディテールがしっかり描き込まれているのでファンタジーとは思えないリアリティがある。ストーリーも起伏に富んでいて抜群に面白く、何の力も持たない平凡な女の子が(知恵と勇気を武器にして)邪悪な魔女と対決する場面など、読む方もつい力が入ってしまう。

ストーリーの面白さに加えて、カーリーを通して語られる、作者の瑞々しい世界観が瞠目に値する。この作者、1949年生まれとはとても思えない。よほど純な心の持ち主なのだろう。

 

……例えば、 

『わたしが最初から(話を)始めないのは、どこが最初なのかわからないから。本当。とにかく、今まで一度も、ものごとの始まりなんか見たことがない。ものごとって、そんなふうには進まない。たいては半分過ぎてからか、終わり近くになってから気づいて、そこから始まりまでたどっていくものだ。ほとんどがそう』

 

『とっても年を取った人たちは、急ぐってことを忘れてしまって、ただのんびりやりたいんだと思う。人間って、残された時間が少なくなればなるほどのろのろして、たっぷり時間があるときのほうがさっさとやる。本当に変な話。』

なかなかの慧眼だと思う。

 

また、この作品に一貫して流れるメッセージも力強くポジティブで、励まされる。12歳の女の子の活き活きした日常と老婆の老いの悲しみのコントラストを通して、互いを思い遣る気持ちの大切さを説いた上、老いも若きも、それぞれの「今」を大切に生きることを訴えている(「老い」の描写がリアルで真に迫っているが、これは作者の心象風景の表れだろうか)。

 

 『メレディス、今あるものを当然だと思ってはいけない。すべてが永久にこのままだなどと考えてはいけない。決して変わらないものなどないのだから。……われわれにできるのは、最善を祈ること、そして今、目の前にあるものを楽しむことだけだ。今のために生きるのではなく、今を生きるんだよ。確実なのは今だけなのだから』

 

多感な少年少女の時代にこの本に出会えた人は幸せだと思う。もちろん大人にとっても、これは、忘れかけていた大切なものを思い出させてくれる貴重な本。優れた教養書に勝るとも劣らない感銘力のある一冊だと思う。