読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ(ネタバレなし)

🔵エール!/(2016フランス)3.6点 

CINEMA (ドラマ)

エール! [Blu-ray]

エール! [Blu-ray]

ヒューマンドラマにコメディ要素を盛り込だ、いかにもフランスらしい大らかな映画。フランス本国で大ヒットしたらしいが、日本人の感性に合うかどうかは微妙かも……。

 

フランスの片田舎で農業を営むバリエ一家は、とても仲の良い4人家族。ただ、高校生のポーラ以外、全員聴覚に障がいがあって、彼女が手話(通訳)で家族や家業を支えている。ある日、ポーラの歌の才能に気付いた音楽教師は、彼女にパリの音楽学校のオーディションを受けるように勧める。ポーラは期待に胸膨らませるが、両親から反対されて、夢を諦めるのだが……。

 

障がいを苦にしないバリエ一家の明るさと逞しさは魅力だが、ちょっと露骨な(下ネタ)ギャグが多いので、一家団欒で観るには不向きな映画かも。また、肝心のポーラの歌も、上手いのかそれほどでもないのか、よく分からない(ポーラ役のルアンヌ・エメラはフランスで人気急上昇中の人気歌手らしい)。それに、音楽教師の選曲のセンスも凄い(こんな大人の歌を高校生に歌わせるなんて!)。ストーリーも、良く言えばシンプルで分かりやすいが、悪く言えば大味。何となく全部が中途半端な印象を受けるが、だからといって面白くない訳でもない。そんなふうで、どう評価していいのかよく分からない映画だが、ラストのポーラの熱唱には心を動かされる。このシーンが本作のハイライトで、これには泣かされるが、わざわざBlu-rayを買うほどでもなかったかな、と若干の後悔はよぎる。

ポーラを除いて、ほとんどの登場人物に感情移入できなかったのはフランス人気質をよく分かっていないせいかもしれないが……さすが、マルキ・ド・サドやラディゲを生んだ国、愛や性にオープンだなあ、と変なところで感心した映画。

🔵世界一キライなあなたに/(2016アメリカ,イギリス)4.2点

CINEMA (恋愛映画)

世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

よくあるセレブのボンボンと貧しい庶民の娘の恋バナかと思いきや、これが予想以上に深みのあるラブストーリー。「生」や「愛」の本質に迫る良質の映画で、観てよかったと素直に思える一作。

 

イギリスの田舎町で暮らすルーは、貧しい一家の生活を支えるため、交通事故で車椅子の生活を送る大富豪のウィルの介護の仕事に飛びつく。しかし、常に明るく前向きなルーと人生に絶望したウィルとの出会いは最悪。それでも何とかウィルに生きる希望を持たせたいルーは、ウィルに様々な提案をし始める。やがてウィルも、そんなルーの明るさにほだされて、コンサートや旅行に出かけるようになり、次第に明るさを取り戻してゆくのだが……。 

 

ウィル一家が所有する古城を見ただけで、イギリスの伝統的セレブのホンモノ感が窺えて、溜息が出そうになるが、そんな大富豪一家に臆することなく快活に振る舞うルー(エミリア・クラーク)の天然?ぶりがとても魅力的。それほど美人という訳ではないが、表情豊かで(特に八の字眉が印象的)愛嬌があって、これならウィルが惹かれるのも分かる気がする。ウィル(サム・クラフリン)の英国紳士ぶりも羨ましい限りで、たとえ四肢が不自由でも一生支えてあげたいと思うルーの気持ちも十分頷ける。生命の躍動感溢れるルーと生への絶望感に囚われたウィル……エミリア・クラークとサム・クラフリンの演技は、このコントラストを際立たせて、作品のテーマを浮き彫りにしている。見事なキャスティングだと思う。

イギリスの歴史と伝統を偲ばせる町並みや緑豊かな風景も素晴らしく、クラシックとポップスを織り交ぜた音楽も二人の想いに彩りを添えて印象的。 

ただ、この映画の結末は賛否が分かれるところだろう。個人的には、至高の愛を描くにはこの結末しかない、という気がする。ウィルの神のような愛に包まれて、ルーは誰よりも幸せなのだと思いたい。

人を想う心の美しさに触れて、心洗われる一作。これもまた、好みの映画。

 

🔴こっちへお入り/平安寿子(祥伝社文庫)4.1点

BOOK(現代小説)

こっちへお入り (祥伝社文庫)

こっちへお入り (祥伝社文庫)

この小説には勢いがある。モチーフが「落語」なだけに、文章の歯切れが良くて、話のテンポもいい。励まされ、元気が出る上、落語にまつわる様々な薀蓄も楽しめて、何だか得した気分の一冊。

本作は、彼女33歳独身OLのヒロインがひょんなことから落語に出会い、その奥深さに魅了されて、どんどんのめり込んでいくうちに、何事にも受け身だったそれまでの自分を少しずつ変えていくというストーリー。

ヒロインが、周囲の人への思いやりとか、何かに夢中になる喜びなど、大切なものを取り戻していく様子が笑いあり涙ありで描かれていて、最後はほっこり癒される。ままならない人生にちょっと気持ちが荒んでいる人たちへの応援歌のような物語だと思う。印象的なのは、ヒロインや落語サークルの仲間たちの落語への熱い想い(女性の向上心と逞しさにはいつもながら恐れ入る)。読む側もその熱に当てられて、古今亭志ん朝や柳家小三治の名調子をつい聞いてみたくなってくる。また、30代独身OLの本音トークも、自虐的で、辛辣で、たまらなく可愛らしくて、とにかく面白い。その中には、人生に対する示唆に富んだ発言もあって、思わずハッとさせられる。以下、作中の印象に残った言葉を幾つか紹介したい。この小説のポジティブなメッセージがよく伝わるのではないかと思う。

『何かをやって得る自己満足は、何もせずに他人を批判することで優位に立とうとするお手軽な自己欺瞞より、何千倍もましではないか?』

『自分のためだけに生きていたら、喜ぶのは自分だけだ。それはもしかしたら、虚しいことなのではないのか?なぜなら、そこにはラブがないからだ。本当の意味のラブは、「ラブラブ」のラブより器が大きい。情けとは、ラブとは、自己愛を超えるものだ』

『人生何か起きるか、わからない。でも、起きる出来事がなんであれ、生きていくのは楽じゃない。楽じゃないから、笑いたいんだ』

『誰もが、自分のバカさ加減に泣かされるんです。その繰り返しが人生じゃないですか』

🔴みかづき/森絵都(集英社)4.5点

BOOK (家族小説)

みかづき

みかづき

起伏に富んだストーリーと心震わす珠玉の言葉で物語の醍醐味を堪能させてくれる、森絵都渾身の長編力作。「永遠の出口」や「カラフル」も良かったが、これは文句なしの傑作。王様のブランチの「ブックアワード2016」に輝いたのも十分頷ける。

本作は、昭和から平成にかけての塾業界を舞台に、親子三代の波瀾万丈の日々を描いた感動の物語。

 

放課後の小学校で子供たちの勉強を見ていた用務員の大島吾郎は、在野で理想の教育を実現しようと意気込む赤坂千明に請われて、二人で学習塾を立ち上げる。その後、吾郎は千明と結婚し、学習塾も、ベビーブームと高度成長期の流れに乗って急成長を遂げるが、塾の規模が拡大するにつれ、理想の教育に対する意見の対立が激しくなり、やがて二人の関係は抜き差しならないものになってゆく……(以上はほんのさわりで、これから娘たちの世代、孫たちの世代へと話が進んでゆく)

 

本作の醍醐味は、多彩な登場人物の山あり谷ありの半生。……大らかでお人好しの吾郎、気が強く妥協を許さない千明、気立てがよくて家族思いの蕗子(長女)、母親譲りの激しい気性の蘭(二女)、明るくお調子者の菜々美(三女)……どの登場人物も魅力的だ。それぞれ個性は違っても、自分の信じることに一途なところがこの家族の共通点。その一途さ故に度々衝突を繰り返し、各々が深い傷を負うのだが、様々な相剋の後、より固い絆を取り戻せるのも、その一途さ故なのだろう。 

その中でも特に印象に残るのは、祖母の頼子と三姉妹の長女の蕗子。いつも家族一人一人を慈しみの眼差しで見守る頼子の姿に、人間かく老いたし、という理想像を見る思いがする。また、最も祖母似の蕗子が逆境に負けずにしなやかに成長してゆく様子も、とても感銘深い(子供時代の蕗子の健気で可愛いこと!)。

世代交代モノの家族小説の常として、本作でも、年寄りの死と新たな命の誕生が描かれる。死にゆく者に取って代わるような新たな命の誕生は、連綿と続く命の営みを見るようで、救われるというよりむしろ感動を覚える。……余談ではあるが……年寄りの死の意味は、新たに生まれ来る命のために居場所を譲ることなのだと思う。そう考えると、いずれ近いうちに?退場する身としては、少々ホッとする。

本の厚さに尻込みする人もいるかもしれないが、読みだしたら止まらないタイプの本なので、それほど長いとは感じないと思う。心に残る言葉の宝庫のような本でもあり、読後は、いい本を読んだなあ、という満足感にしみじみと浸れる一冊。

🔵群衆/(1941アメリカ)4.0点

CINEMA (ドラマ)

群衆 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]

群衆 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]

フランク・キャプラ作品の特徴は、社会風刺(権力批判)とヒューマニズム。予定調和的とか偽善的といった評価もあるが、「或る夜の出来事」、「スミス、都へ行く」、「我が家の楽園」など、どれも自分の好みのど真ん中。だから、そんな評価は気にならない。だいたい今時こんな監督、どこを探してもいないだろう。

 

突然リストラを宣告された女性新聞記者(バーバラ・スタンウィック)が会社への腹いせに、「人生に行き詰まった自殺志願者のジョン・ドゥー」という架空の人物をデッチ上げ、彼からの投書という形で最後の記事を掲載する。翌日、この記事が大きな反響を呼んだことから、編集長らは、女性記者を呼び戻し、ジョン・ドゥーのイメージにピッタリの人物(ゲーリー・クーパー)を探し出して、彼女に続編を書かせ、ジョン・ドゥー伝説を創り上げてゆく。やがてジョン・ドゥーは全米中の人気者となり、彼の提唱した草の根運動は大いに盛り上がるが、それを政治的に利用しようとする輩(権力者たち)が現れる。彼らの腹黒い計画に憤ったジョン・ドゥーは、大観衆に向かって全てを告白しようとするのだが……。

 

本作も、基本的には、貧しいが純朴で正直な庶民が苦悩や逆境を乗り越え、最後は人間万歳で終わるという王道のストーリーなのだが、今回は、群衆(心理)の怖さを滲ませるシリアスなシーンもあって、いつもより爽快感は乏しい。それでも、古き良きアメリカの良心とも言うべき庶民の善意は抜かりなく描かれていて、やっぱりジーンとさせられる。このあたりは、さすがフランク・キャプラだと思う。人間をとことん肯定する彼の作風は、何より観ていて気持ちがいい。……もっとも、この監督をただの能天気な楽観主義者だとは思わない。人間を肯定的に描く、あるいは人間の良心を描くのは、彼の映画人としての使命感とか哲学なのだろうと思う。

今回の主演は、ハリウッド黄金時代の超大物スター、ゲーリー・クーパー。以前キャプラ監督とは「オペラハット」で組んだこともあってか、余裕で、朴訥で正直で不器用なジョン・ドゥーを好演している。恋人役のバーバラ・スタンウィックも本当に可愛らしく、庶民的で陽気で逞しいキャリアウーマンを生き生きと演じている。

🔵ガス燈/(1944アメリカ)3.8点

CINEMA(スリラー)

ガス燈 [DVD]日本語吹き替え版

ガス燈 [DVD]日本語吹き替え版

イングリッド・バーグマンは、キラキラした瞳とツンと上を向いた鼻がいい。すました横顔がとてもチャーミングで、知性と気品を感じる女優だ。

本作の製作は1944年。第二次大戦の最中にこんな娯楽作品を作るなんて、今更ながら当時のアメリカの国力の凄さを思い知らされる(こんな国と戦争していたなんて!)。また、同じ年に、ナチ占領下のフランスでは、「天井桟敷の人々」が作られている。戦時中のそれぞれの国の国情や国民性が偲ばれて、興味深い。

本作は、謎の中年紳士と結婚した若妻が、夫の奸計によって次第に追い詰められてゆく様を描いたサスペンス・スリラー。

 

10年前に育ての親の叔母(高名なオペラ歌手)を殺害され、心に深い傷を負ったポーラ(イングリッド・バーグマン)は、ある中年紳士(シャルル・ボワイエ)と恋に落ち、急かされるように結婚する。これであの忌まわしい事件を忘れられる、とポーラが喜んだのも束の間、夫は、叔母が殺されたロンドンの家に住みたいと言い出す。仕方なく承諾したポーラだったが、引越し後、彼女の身の回りで次々と不可解な出来事が起こり始める……。

 

この作品は、犯人探しを愉しむ映画ではなく、夫がポーラに仕掛けるトラップの凄味を味わう映画。威圧的な夫が、キツい言葉と甘い言葉を巧妙に使い分けて無垢な妻をマインドコントロールしてゆく様は、何とも薄気味悪く、特に、驚くほど口が達者な夫の弁解がさももっともらしくて、なるほどそうきたか、と唸ってしまうほど。この辺りは、シャルル・ボワイエの演技力を褒めるべきかもしれない。このスリリングな展開の中で、ホッと一息付けるのは、キャメロン刑事とご近所の物見高いお婆ちゃんの登場シーン。お婆ちゃんの方はほとんどオマケみたいなものだが、この映画にメリハリを付けるいいアクセントにはなっている。

目玉のイングリッド・バーグマンは、「カサブランカ」や「誰がために鐘は鳴る」ほどの輝きは感じられないが、それでも正装した立ち姿や花が咲いたような笑顔などは、これぞハリウッド・スターというオーラがあって、目が点になる美しさ。ファンとしては、それを見るだけで十分元が取れる映画かもしれない。

 

 

🔴真昼の悪魔/遠藤周作(新潮文庫)3.9点

BOOK (ミステリー)

真昼の悪魔 (新潮文庫)

真昼の悪魔 (新潮文庫)

「沈黙」が映画化され、本作がTV放映されるなど、今、遠藤作品が脚光を集めている。ブームなのだろうか。本作が書かれたのは昭和55年。何故今、遠藤周作なのかは、よく分からないが。

ちなみに、学生当時、「第三の新人」が全盛だったこともあって、遠藤作品は、安岡章太郎、吉行淳之介らの作品と共に幾つか読んだ記憶があるが、遠藤周作がこんなミステリーを書いているとは知らなかった。今回は、そんな意外な驚きと懐かしさから手にした本。

本作は、人間らしい感情を持たない美貌の女医が『いやらしい悪』を確信的に実行してゆく姿を通して、現代人の心の闇と精神の荒廃に迫った医療ミステリー。

何事にも無感動な主人公の女医は、良心の呵責という痛みを感じることができれば人間らしい感情が取り戻せるのではないかと考えて、その試みとして、いやらしい悪を次々と実行してゆく。この女医の絶望的な『無感動』は、「海と毒薬」の青年医師を彷彿とさせる(この点がこの作家の一つのテーマなのだろう)。その『無感動』と『悪』との関係について、作者の分身とも言える作中のキーマン、ウッサン神父は、こう指摘する。……『現代人は何が善で何が悪かわからなくなっている。そんな混乱した世界に長く生きてきた結果、どんな価値も素直に信用できなくなり、心は無秩序になり、無秩序は精神の疲れと空しさを作っている……悪魔はそこを利用して悪をさせようと狙ってくる』(要約)。この指摘は、(極端な例ではあるが)ホロコーストや無差別テロなどをイメージすると分かりやすいかもしれない。……そして、神父は女医に対し、こう諭す。『良心の呵責を求めるために悪を行うよりも心の悦びを得るために善いことをなさい、心に起きなくても形だけでもやるのです』。この説諭が『無感動』あるいは『いやらしい悪』に対するこの作家の一つの回答であるように思われる。

本作は、ミステリー仕立てのエンタメ小説ではあるが(ミステリーとしてはさすがに古さは否めない)、テーマは、現代人の渇いた心に巣食う悪であり、その点に宗教的命題を含んだ普遍性が感じられて、いかにも、「愛とは何か、悪とは何か」を問い続けたカトリック作家、遠藤周作らしい作品と言える。