お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵テンダー・マーシー/(1993アメリカ)4.1点

テンダー・マーシー [DVD]

テンダー・マーシー [DVD]

【ハリウッドの良心を感じる映画】

地味で平凡なストーリーだが、観終わった後、じわりと心地よい余韻が広がるヒューマンドラマ。

ロバート・デュバルの渋さとテス・ハーパーの慎ましさが光る。

ときどきこういう映画を作るから、ハリウッドは侮れない(……と言っても20数年前の作品だが)。

【あらすじ】

かつて人気のカントリーシンガーだったスレッジは、酒に溺れて離婚して以来すっかり落ちぶれて、今やモーテルの宿泊代すら支払えない始末。スレッジは、モーテルの経営者のロザリーに下働きを申し出て、仕事中は酒を飲まないという条件で雇われる。

若く美しいロザリーは、ベトナム戦争で夫を亡くし、息子のソニーと2人暮らし。スレッジは、ロザリーとソニーの優しさに救われて、心穏やかな日々を過ごす。

そして、2ヶ月後、スレッジはロザリーに求婚する。3人での新たな暮らしは、平穏で幸福に満ちたものだったが、スレッジの心には、カントリーソングへの欲求と前妻の元に残してきた娘スーアンへの未練が燻ぶっていた。

そんな折、スレッジの新曲をレコード化したいというオファーがくる。成長したスーアンとの再会も果たして、ようやく彼の人生に希望の光が見えてきたのだが……。

【感想・レビュー】

人生に挫折し、悲哀と孤独に沈む中年男の再起を描いた味わい深いヒューマンドラマ。

地味で平凡なストーリーにもかかわらず、ここまで陰影に富んだ、奥の深い作品に仕上がったのは、“男の哀愁”を体現するロバート・デュバル(スレッジ役)の演技に負うところが大きい。彼の物静かな佇まいは、本当に渋い。『ゴッドファーザー』『ウォルター少年と、夏の休日』などを観て、以前から、芸達者な俳優だとは思っていたが、本作では、見事な歌声まで披露しているから驚きだ(5曲中2曲は彼の作曲というから、更にびっくり)。この作品で彼がアカデミー主演男優賞を受賞したのも、十分頷ける。また、テス・ハーパー(ロザリー役)の抑制の効いた控えめな演技も見事(個人的には、ツンと上を向いた鼻が好き!)。ロバート・デュバルとの相性もピッタリだ。

スレッジもロザリーも、過去の悲しみの記憶にじっと耐えながら、平凡な幸せを求めてひたむきに生きている。ベタだけど、そこがいい。人が何かにじっと耐えている姿は、美しくもあり、気高くもあって、理屈抜きに心打たれるものがある。

そして、何より秀逸なのがラストのスレッジとソニーのキャッチボールのシーン。フットボールのやりとりを介して、スレッジとソニーは本当の父子になる。その光景を見つめるロザリーの微笑は、千の言葉より多くのことを語っているように見える。溜息が洩れるような素敵なラストだと思う。

……しかし、一つどうしても腑に落ちないシーンがある。

スレッジは、久々に再会した娘スーアンから、『小さい頃、白い鳩の歌を聴いた記憶があるけど、ママは知らないって言うの。覚えてない?』と聞かれ、『さあ、知らないな』と答える。娘はちょっとがっかりする。そして、スレッジは、娘が帰った後、一人咽び泣きながらその歌を口ずさむ。

……なぜスレッジは知らないふりをしたのだろう(普通、このシチュエーションなら、喜んで歌ってあげるだろうに……)。いろいろ推測はできるのだが、どれも自信がない。

やっぱり良い映画は、奥が深い?(単に理解力がないだけか……)。

🔵秘密の花園/(1993アメリカ)4.0点

秘密の花園 [DVD]

秘密の花園 [DVD]

【英国の伝統と格式】

原作は『小公子』『少公女』で有名なアメリカ(イギリス出身)の児童文学作家F・バーネットの同名小説。

イギリスの伝統と格式を感じさせる品の良い映画。ヨークシャーの風景美が素晴らしく、荒涼たる原野が広がる冬の風景と矢車草やバラの咲き乱れる春の風景が息を呑むほどに美しい。

【あらすじ】

19世紀後半のイギリス領インドで生まれ育ったメアリーは、10歳のとき、大地震で両親を亡くし、イギリス、ヨークシャーの伯父の館に引き取られる。

両親の愛を知らず、傲慢で我儘に育ったメアリーは、メイド頭のメドロック夫人とことごとく対立し、孤立を深めていく。

そんなメアリーを救ってくれたのは、メイドのマーサとその弟の牧童のディコン、そして病弱で引きこもりのいとこのコリン。

ある日、メアリーは、10年前に亡くなった伯母(コリンの母親)がこよなく愛し、亡くなって以来、伯父の手によって閉鎖されていた『秘密の花園』の鍵を見つけ、その扉を開ける。

メアリーとディコンは、荒れ果てていた『秘密の花園』を蘇らせるため、土を耕し、花の種を蒔く。その後、コリンもそれに加わって、互いの親交を深めていく。

一方、コリンの父親(メアリーの伯父)は、亡き妻の想い出やコリンの病気に耐えられず、心を閉ざしたまま館の外に逃避していた。

やがて、すっかり体調を回復したコリンは、父親との対面を強く望むようになる。そんなコリンの願いに引き寄せられるかのように、父親は館に戻り、コリンとメアリーがいる『秘密の花園』に恐る恐る足を踏み入れる……。

【感想・レビュー】

冒頭の10分で、“なんちゅう、いばりくさった小憎たらしい小娘!”と腹が立って、一瞬観るのを止めようかと思ってしまった映画。“大して可愛くもないのに、生意気な……”とブツブツ文句を言いながら(大人げない)。

しかし、これはメアリーの心の成長の物語。両親の愛を知らず、メイドにかしずかれて、ワガママいっぱいに育ったメアリーに他人の気持ちが分からないのは当然かもしれない(……と、途中から少し冷静になる)。

期待したとおり?メアリーは、マーサ、ディコン、コリンらとの交流を通して、少しずつ心を開いていく。そこで印象に残るのは、メアリーとコリンが言い争うシーンとメアリーが荒れ果てた「秘密の花園」を蘇らせていくシーンだ。

メアリーは自分と同じ境遇のコリンを見て孤独が癒されたのか、あるいは似た者同士の彼との言い争いによって生まれて初めて(鏡に映った自分の姿を見るように)自分の内面に向き合えるようになったのか、その後は明らかに思いやりのある少女へと変わっていく。そんなメアリーの心の変化を象徴的に表しているのが「秘密の花園」なのだろう。荒れた花園を耕し、種を蒔き、手入れをし、色とりどりの花を咲かせる行為は、彼女の心の成長のプロセスをそのままなぞっているかのように見える。

ラストのコリンと父親の対面シーンも感動的だ。ハッピーエンドのはずなのに泣きじゃくるメアリーを見て、“ああ、やっぱり良い子なんだ!”と思って、彼女がたまらなくいじらしくなってしまう(変わり身が早い)。

メドロック夫人役のマギー・スミスはここでも健在。伝統的英国人女性のイメージは彼女によって作られたのでは、と思えるほど見事に役にハマっている。そして、メアリーのママ。えらくキレイな人だなあと思ったら、なんと『ふたりのベロニカ』のイレーヌ・ジャコブ。今回は残念ながらチョイ役での出演だが、イレーヌ嬢の麗しい姿を拝めただけで満足の一作(やっぱり、単純なオヤジ!)。

🔵月の輝く夜に/(1987アメリカ)4.2点

月の輝く夜に [DVD]

月の輝く夜に [DVD]

【不器用な大人のための恋愛映画】

大人の悲喜こもごもの人間模様をコミカルに描いたラブコメ映画。人生のちょっとした修羅場をカラッと明るく描いているところがいい。登場人物の全員がとてもチャーミングで、気の利いたセリフもgoo!

イタリアンテイスト満載のおじいちゃんが月を見上げて言う……『月は、女に恋の魔法をかける。月の光には魔力が潜んでる』……なるほど、そうなのか。

【あらすじ】

ニューヨークのイタリア人街に住むロレッタは、父母と祖父の4人暮らし。

7年前に30歳で未亡人となったロレッタは、ある夜、友人のジョニーからプロポーズされる。恋より安定を求める彼女は、プロポーズを快諾するが、両親はあまり祝福してくれない。

そんな折、ジョニーに母親の危篤の知らせが。急遽イタリアへ向かうことになったジョニーは、空港での別れ際、ロレッタに『仲違いしている弟ロニーに、結婚式に出席するよう伝えてほしい』と頼み込む。

パン職人のロニーの店を訪れたロレッタは、ロニーに伝言を伝えるが、兄を逆恨みしているロニーは、激昂する。

ロレッタは、彼のアパートまで出向いて説得を続けるが、なぜか突然、二人の間に恋の炎が燃え上がる……。

【感想・レビュー】

登場人物はみんな中高年(若いのはロニーだけ)。不倫中の父親、他の男とデートをする母親、婚約者の弟を愛してしまった娘、そして犬と一緒に満月に吠えるおじいちゃん……みんないい年をして、ハチャメチャ。でも、それぞれが挫折感を抱え、生きることに臆病で、意外と?真面目。そこがとてもチャーミング。

幾つになっても悪あがきしたいお父さん、お父さんの気を惹きたいお母さん、分別のない恋心に慌てふためく娘……大人になってみると、彼らの気持ちがよく分かる。

“大人は分別がある”なんて、そもそも幻想で、分別などただ無難に生きていくための処世術にすぎないのかも。たぶん、人は幾つになっても、分別と衝動のボーダーでもがき苦しむ生き物なのだ。分別を失くした人は、本人にとっては悲劇、傍目には滑稽で愚かしく映るものだが、そんな悲喜こもごもがあってこその人生。だからこそ、人も人生も愛おしいのだと思う。ロレッタを見ていると、つくづくそのことを痛感する。

映画的には、ロレッタとロニーのオペラの観劇シーンが最高にロマンティック(ロレッタが感激のあまり涙を流すシーンは『プリティ・ウーマン』を彷彿とさせる)。ロニーがロレッタをオペラに誘うときのセリフもシャレている。……『今夜オペラに付き合って』→『何のつもり?』→『僕には愛するものが2つある。君とオペラだ。一晩で2つ楽しめたらきっぱりあきらめる。君への想いを断ち切るよ』→『分かった。じゃあ行くわ』……お見事!

これは、ラブコメのジャンルを超えた結構渋い人間ドラマ。大人の恋はこうでなくっちゃ!

🔴ピンザの島/ドリアン助川(ポプラ文庫)3.9点

([と]1-3)ピンザの島 (ポプラ文庫)

([と]1-3)ピンザの島 (ポプラ文庫)

【出口のない若者の究極の選択】

生きることの意味を真摯に問い続ける作家、ドリアン助川の力作長編。

ピンザとは沖縄の宮古島でいうヤギのこと。南の島の美しくも厳しい自然の中で育まれる主人公とピンザとの温かい交流が印象的な一作。

【あらすじ】

父親を自殺で亡くし、自らも自殺願望に苛まれされる菊池涼介は、アルバイトで南の島を訪れる。

そこで涼介が出会ったのは、ピンザと呼ばれるヤギ。元コックの涼介は、ヤギの乳でチーズを作る夢を追い始め、アルバイトが終わっても島に残る選択をする。

しかし、涼介の挑戦は、ことごとく島のタブーに触れ、島民たちの怒りを買ってしまう。

敗北感にまみれた涼介は、大嵐の夜、ある重大な決断をする……。

【感想・レビュー】

力作ではあるが、ドリアン助川の作品としては少々物足りない。その原因は涼介のキャラクターにあるように思う。幼い頃、父親が借金を苦に自殺し、以降、母親と流浪の生活を送った彼の生い立ちには同情を禁じ得ないが、それをいつまでも引き摺って負のオーラを周囲に発散し続ける彼の弱さや稚さに共感が持てないのだ。

同じ薄幸の生い立ちでも、『あん』の徳江さんのように、自力では抗いようのない理不尽な運命に翻弄されながらも、なお人生を肯定的に生きようとするキャラクターなら、心に響いてくるのだが……。この作品は、物語としての訴求力や共鳴力が弱く、その点で、『あん』や『多摩川物語』には及ばない。

ただ、涼介が、島民たちとの諍いから逃げ出さずその場に踏み止まる場面は、毅然として潔い印象を残す。人は心底辛い時は、前を向くことなどできないものだ。前に進めなくても、後ろには引かず、ただじっとその場に踏み止まる……それもまた、勇気の証であるような気がする。この時点で、涼介は一つ成長したのだと思う。

また、よそ者に厳しく当たる島民の言い分もそれなりに筋が通っていて、良い悪いでは計れない島社会の厳かな文化がありのまま伝わってくるところも、いい。都会の若者の視点に偏ることなく、島の古来の伝統や文化にも敬意を払う作者の誠実な創作態度が垣間見えるようで、好感が持てる。

本作は、生きることの意味を見失った人たちへのエールの書。物語の全編を貫く作者の眼差しが温かい。

🔴出版禁止/長江俊和(新潮文庫)3.7点

出版禁止 (新潮文庫)

出版禁止 (新潮文庫)

【コテコテに凝った趣向のミステリー】

「裏切られた!!こんな経験二度としたくない!」という本仮屋ユイカ嬢の帯の触れ込みに惹かれて購入。

……で、ユイカ嬢の絶叫は分からないではないが、少し大袈裟なような気もする。

ミステリーというよりサスペンスホラーに近いテイストの一作。

【あらすじ】

作者、長江俊和は、偶然、フリーライター、若林呉成が記したいわくつきの遺稿を手に入れる。

タイトルは「カミュの刺客」。そこには、時代の寵児ともてはやされたドキュメンタリー作家と心中を図り、生き残った新藤七緒の独占インタビューの詳細が記されていた。

二人の心中は、純愛だったのか、それとも偽装殺人だったのか、若林の遺稿によって、衝撃の事実が明らかになっていく……。

【感想・レビュー】

かなり凝った趣向の異色作。物語が映画の「劇中劇」のように重層的な構造になっていて、仕掛けもふんだんに盛り込まれているので、一度読んだだけではなかなかストンと来ない。かと言って、あまり後味が良くないので、二度読みする気にもなれない、という困ったミステリー。

個人的には、途中まで本格推理の大どんでん返しを期待してワクワクしながら読んでいたのだが、若林の取材方針が「心中か偽装殺人か」から「心中に至る心理の追及」へと変わったあたりから、彼の心理の変調に付いていけなくなって、興味が薄れてしまった(論理の飛躍?というか、以降の若林の思考過程にはかなりの違和感を感じる……単に読解力不足なのかもしれないが)。

文中の様々な仕掛けも、なぞなぞとかコトバ遊びの域を出ていない……ような気がするのだが。その点を作者の遊び心と捉えてニンマリするか、あざとさを感じて不快になるかも、この作品を評価する上での一つの分かれ目だろう。

ストンと来ない部分は、著者の“あとがき”で一応真相らしきものが分かる仕組みにはなっているのだが、それでも何か割り切れない、モヤモヤ感は残る。作者からこれだけヒントをもらって、なおピンと来ないのは、脳の柔軟性が失われてきたせいか?

🔵アドベンチャー・ファミリー/(1975アメリカ)3.8点

アドベンチャー・ファミリー HDマスター版 [DVD]

アドベンチャー・ファミリー HDマスター版 [DVD]

【懲りない一家?夢のある一家?】

都会を捨てて大自然の中で暮らすロビンソン一家の愛と冒険の物語。

ディズニーの『スイスファミリー・ロビンソン/(1960アメリカ)』と同じく、子どもたちにオススメのアドベンチャー映画。

【あらすじ】

ロサンゼルスに住むロビンソン一家。夫のスキップと妻のパットは、長女ジェニーの喘息の治療のため、ロッキー山中に移り住むことを決意する。

水上飛行機でロッキーの地に降り立った一家は、先住者が残した粗末な丸太小屋に仮住まいしながら、ログハウス造りにとりかかる。アライグマ、小熊、小鳥たちの歓迎を受けて、ジェニーと弟のトビーは大興奮。

しかし、そんな楽しい暮らしも束の間、一家は、大自然の猛威や野生動物の脅威に晒されて、崩壊寸前に……。

ついに一家は、危険を押して定住するか、息苦しい都会へ戻るかの決断を迫られる……。

【感想・レビュー】

何かとてつもなくデカいものを見ると、訳もなく感動するクチだが、ロッキーの大自然はまさにそれ。山があって、川があって、森があって、湖があって、草原があって、ただそれだけの光景が果てしないスケールで広がっているところがひたすら圧巻。そして、そこに息づく多様な植物や生き物たちにも圧倒される。この大自然を眺めているだけで、十分元は取れる映画だと思う。

隣の家まで40キロ、通信手段は無線、郵便と交通は水上飛行機、食べ物は自給自足と、ロビンソン一家の暮らしは不便この上ないが、美しい自然の中、ウサギやアライグマ、小熊などの愛らしい小動物と共存しながらの日々は、ジェニーやトビーならずとも冒険心をくすぐられ、心浮き立つものがある。

しかし、雄大な自然の中での暮らしは、いつも危険と隣り合わせ。一家は、狼、クーガー、グリズリー(巨大な灰色熊)などの危険動物に何度となく襲われそうになる。

「フツー一回襲われたら、撤収するだろ!」とか「喘息の療養に来て熊に喰われたんじゃシャレにならんだろ!」とは思うのだが、そこがアメリカ映画、「ネバー・ギブアップ!」なのだ。良く言えば、“アメリカのフロンティア精神を体現する一家”、悪く言えば、“懲りない一家”というところだろうか。

映画的には、一家を守るためグリズリーに立ち向かう元飼い熊のサンプソンが抜群の存在感。勇敢で強くて愛嬌たっぷりで、熊ながらあっぱれなヤツ。その上、なかなかの演技派だ。一家のピクニックの日に、巨大なサンプソンが首にナプキンを着けてちょこんと座り、ランチを頬張るシーンは、出色のほっこりシーンだと思う。

幼い頃の冒険心を思い出させてくれる、懐かしい映画。 ストーリーがやや一本調子なところは気になるが、子どもたちと動物たちが可愛らしいので、その程度は目を瞑ってあげてもいいと思う。

🔵カウチ・イン・ニューヨーク/(1996フランス,ベルギー,ドイツ)3.5点

カウチ・イン・ニューヨーク [DVD]

カウチ・イン・ニューヨーク [DVD]

【せっかくの名優の共演なのに……】

ウィリアム・ハートとジュリエット・ビノシュの共演ということでかなり期待してたのだが……なんかイマイチ。

ジュリエット・ビノシュのファンとしては、一言物申したくなる映画。

【あらすじ】

ニューヨークの精神分析医ヘンリーは、診療に追われる生活に疲れ、「6週間アパートを交換しませんか?」という新聞広告を出す。それに乗ったのは、パリに住むダンサーのベアトリス。

二人は早速アパートを交換するが、ヘンリーはパリでの生活に耐えきれず、直ぐにニューヨークに舞い戻る。

ところが、帰宅したヘンリーは、ベアトリスが自分の代理として、患者のセラピーをしていることを知る。

セラピーが患者に好評と聞いて不思議に思ったヘンリーは、患者を装ってベアトリスのもとを訪れる……。

【感想・レビュー】

初めから終わりまでまったりとした展開で、盛り上がりに欠ける映画。せっかくニューヨークとパリを舞台にしているのに、華やかさやオシャレ感が乏しいのが残念(シャレているのはヘンリーのマンション位?)。

更に残念なのが、地味すぎるウィリアム・ハート(ヘンリー)とジュエット・ビノシュ(ベアトリス)。劇中のウィリアム・ハートは知的ではあるが、ひたすら陰気で、鬱陶しい。ジュリエット・ビノシュも、骨太な印象で何となく野暮ったく、都会の雰囲気にそぐわない。二人とも好きな俳優なのだが、こういった軽い感じのラブコメにはあまり向いてないのでは?(どちらもスターというより“性格俳優”。少し重たい位のシリアスドラマの方が向いてるような気がするが)。

それに、演出も脚本もイマイチ。気の利いたセリフはほとんどないし、大体、服を脱ぎ散らかすことでだらしない女を演出しようなんて、陳腐すぎるだろう!

総じて、作り手の熱意が感じられない映画。

『汚れた血』も『蜘蛛女のキス』も大好きなのだが、名優が揃えばいい映画ができるという訳でもない、ということを再認識した映画。