お気楽CINEMA&BOOK天国♪

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔴とりかえばや物語/田辺聖子(文春文庫)4.1点

とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51) 

とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51)

【軽妙洒脱な王朝ロマン】

平安時代後期に成立したとされる原典を、田辺聖子が現代語訳した作品。

“自分の人生は自分で決める”と決意した女主人公の力強い生き方を描く。

『とりかえばや』とは『とりかえたいなあ』という意味。

【あらすじ】

権大納言家の凛々しく愛嬌のある若君春風と美しく朧長けた姫君秋月。実はこの異母兄妹、若君が女の子で、姫君が男の子。幼い頃から、春風は男として生き、秋月は女として生きている。

年を重ねるごとに美しく育っていく二人を見て、父親の権大納言はいつも、『とりかえばや』と嘆く。

やがて、春風は華々しく宮中デビューを飾り、秋風はいよいよ館の奥深く潜んでしまう。

春風は帝や宮中の覚えもめでたく、その後順調に出世していくが、ある日、春風のライバルでプレイボーイの夏雲に自身の秘密を知られてしまう……。

【感想・レビュー】 

田辺聖子の訳する古典モノは、本当に面白い。古(いにしえ)の人々の姿が軽妙な文体で活き活きと再現され、とても古典とは思えないほどビビッド。まるで1000年前の人間が言葉によって命を吹き込まれ現代に甦ったかのような印象を受ける。

“名訳を通じて古の人々の豊かな心に触れる”、というのが古典を読む愉しみと言えるが、この作品はそれを堪能できる一作だと思う。

この作品、平安朝シンデレラストーリーの『おちくぼ物語』と比べると、少々エロチックで退廃的ではあるが、トランスジェンダーに起因する悲喜劇をテーマにしている点、男性社会で生き抜く女性を主人公にしている点、女性を凛々しく潔く、男性を愚しく女々しく描いている点などに、現代と相通じるものがあって、ある意味新鮮で、大変興味深い。

自らの才知で運命を切り拓いていく春風、男として世に出た途端、プレイボーイに変身する秋月、春風にいつまでも未練タラタラの夏雲、夏雲に結婚生活のスキをつかれた冬日……それぞれ個性的なキャラクターで、当時の人々の心の豊かさが偲ばれるが……それにしても、その内容は、女に同情的で男に手厳しい(夏雲などはミもフタもない描き方をされている。抗議したいところだが、身から出た錆なのがツラい)。この物語の作者は不詳とされているが、たぶん女性なのだろう。

1000年前のこの(一見艶っぽい色恋の)物語が脈々と受け継がれてきたという事実は、トランスジェンダー、女性の社会進出等の問題が人間にとっていかに本質的なものであるかの一つの証左と見ることもできる。そういう意味では、それらの問題が大きくクローズアップされている現代は、人類史の一つの転換点と言えるのかもしれない。

🔵山/(1956アメリカ)4.2点

山 [DVD]

山 [DVD]

【山岳映画の隠れた名作】

断崖絶壁を攀じ登るクライミングシーンが圧巻の山岳映画。

スペンサー・トレイシーが渋い!

【あらすじ】

アルプスの山中に飛行機が墜落する。直ちに救助隊が編成されるが、滑落事故が発生し、彼らは救助を断念する。

飛行機が大金を積んでいるという噂を聞いたクリスは、元山岳ガイドの兄ザカリーに、一緒に山に登って大金をせしめようと持ちかける。

思慮深く正直者のザカリーはクリスに、冬山の危険性を説き、その浅ましい考えを厳しく非難するが、欲に目が眩んだクリスは聞く耳を持たない。

一人でも登ると言い張るクリスの身を案じたザカリーは、やむなく危険極まりない冬山の登攀を決意するが……。

【感想・レビュー】 

登山と兄弟愛をテーマにした、骨太でシンプルな映画。一番の見どころは、やはりザカリーが(ほぼ)体一つで挑むクライミングシーンだろう。

頭上は切り立った断崖絶壁、眼下は遥かに霞む地上の風景。ザカリーは、岩のわずかな突起や隙間を指で捉えながら、少しずつ上へ上へと進んでいく。その荒い息遣いや吹き出る汗が何ともリアルで、ザカリーの緊張感がひしひしと伝わってくる。この手作り感こそが実写の魅力、CGでは出せない迫力がある。

そして、もう一つの見せ場は、ザカリーの弟への愛が滲むラストシーン。余りにも実直、余りにも不器用な男の嘘が観る者の胸を締め付ける。

ザカリーを演じるのは名優スペンサー・トレイシー。『老人と海』の老漁師役が印象深いが、こちらもハマリ役。彼の赤銅色に焼けた顔、分厚い胸板は、老いても執念をたぎらせる漁師や登山家の役が本当によく似合っている。

一方、向こう見ずで野心家のクリスを演じるのは若き日のロバート・ワーグナー(ナタリー・ウッドの夫)。二枚目だが、どこか野卑な印象のある役者で、これまた適役。

兄弟間の葛藤や対立、スリリングなクライミングシーンが描かれて緊張感のある映画だが、それを和らげているのが、ザカリーに堂々と結婚を迫る近所のおばちゃん。照れて逃げまくるザカリーが何とも可愛らしい。

🔴悪童日記/アゴダ・クリストフ(ハヤカワepi文庫)4.5点

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

【恐るべきピカレスク・ロマン】

魔女と呼ばれる祖母のもとに疎開した幼い双子の兄弟が、悪魔的天才ぶりを発揮して、戦禍をしたたかに生き抜いていくさまを描いた傑作(反戦)小説。

【あらすじ】

舞台は第二次世界大戦下のハンガリーと思しき国の田舎町。

戦争が激化し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとに預けられる。その日からぼくらの過酷な日々が始まった。おばあちゃんは、とてもけちんぼうで、働かないと食事も出してくれない。

ぼくらは、生き延びていくために心と体を鍛え上げながら、自分たちを取り巻く非常な現実をありのまま日記にしるすことにする……。

【感想・レビュー】

戦争、飢餓、貧困、殺人、安楽死、倒錯した性、民族差別、大量殺戮等の度し難い負のテーマを扱っていながら、陰々滅々たる気分に陥ることなく、むしろカラリとした痛快ささえ感じてしまうのは何故だろう。

双子の兄弟は、生き抜くための知恵として、理不尽な現実を一切の感傷を排除して直視しようとする。そういった反感情的、反主体的な目で世界を見渡すと、悲劇が悲劇でなくなるということなのだろうか。実際、彼らは、両親の死に眉一つ動かさない。

ただ、戸惑うのは、そういう彼らが、決して非人間的でも非倫理的でもないところ(倫理の有り様は大人の常識とはだいぶ異なっているが)。

彼らの倫理は、人の偽善や欺瞞を許さない。彼らが心を許すのは、強欲だが自分を偽らないおばあちゃん、極貧生活の中でひたすら男を求める“兎っ子”、善良で親切な将兵ら。偽善の象徴のような神父は軽蔑の対象ですらないし(おそらくモノと等しい存在なのだろう)、ユダヤ人を愚弄した神父の女中は彼らの殺害の対象にさえなっている。

しかし、何という子どもらしい、きっぱりとした倫理だろう。彼らの言動の不思議な説得力に、自分のこれまでの(安っぽい)常識やヒューマニズムが消し飛ばされてしまいそうな気がして、戦慄する。と同時に、痛快でもある。

この恐るべき双子の人格は、少し大袈裟かもしれないが、「罪と罰」のラスコーリニコフ、「異邦人」のムルソーと比肩しうる、文学による新しい人格の創造といってよいのではないかと思う。

本作は、安逸を貪る大人たちへの挑戦状のような小説。その毒気に当てられて、しばらく言葉が出ない。

……それにしても、戦時中はナチスドイツに占領され、戦後はソ連に蹂躙されたハンガリーの現代史は悲運の一語に尽きる。かの国の人々の無念は察するに余りあるが、その代償としてこのような傑作が生まれたのだと考えると、少しは救われる。

🔵アクロス・ザ・ユニバース/(2007アメリカ)4.0点

アクロス・ザ・ユニバース [Blu-ray]

アクロス・ザ・ユニバース [Blu-ray]

【愛こそはすべて】

ビートルズの名曲に乗せて奏でられる60年代の青春。

ラストに主人公ジュードが歌う『愛こそはすべて』。これこそ60年代を象徴するメッセージだと思う。

【あらすじ】

イギリス、リバプールの造船所で働くジュードは父を捜しにアメリカに渡る。彼の父は、戦時中イギリスに駐留し、戦後アメリカに帰還した兵士だった。

彼は、父を捜し出し、念願の初対面を果たすが、既に再婚していた父は彼をやんわりと拒む。

失意のジュードに声をかけてきたのは、自由奔放に生きる大学生マックス。二人は意気投合し、ニューヨークに出て、共同生活を始める。

その後、マックスの妹ルーシーが合流し、ジュードとルーシーは恋に落ちる。

初めは仲睦まじかった二人だったが、ルーシーがベトナムの反戦運動に傾倒していくにつれ、二人の溝は深まっていく。

やがて、マックスは徴兵され、ジュードは不法滞在がバレてイギリスに強制送還されてしまう。

離れ離れになった彼らに再会の日は訪れるのだろうか……。

【感想・レビュー】

60年代のエポックメーキングとなったビートルズとベトナム戦争をモチーフにした若い男女の恋愛映画。

ビートルズのヒットナンバー33曲を各シーンの出演者が熱唱するミュージカル仕立てとなっており、ビートルズファンにはたまらない一作(そもそも主役が『ジュード』と『ルーシー』というのが嬉しい!)

この映画、脚本に曲を合わせているのか、曲に脚本を合わせているのか、よく分からないが、とにかく映像(シーン)と曲とのマッチングが抜群。個人的に特に印象深いのは、イギリスに帰ったジュードを想ってマックスが歌う、『ヘイ・ジュード』(教会に響き渡るゴスペル調の『レット・イット・ビー』も好みだが)。

そして、吹替えなしの歌がまた凄い。彼らの歌唱力にはつくづく舌を巻く(これぞハリウッドの底力!特にダナ・フォックスの『オー!ダーリン』は圧巻。もちろんジョー・コッカーやボノも凄いけど)。

映画としての難点を挙げるとしたら、ストーリーが平板なところだろうか。アートに打ち込むジュードの行く末などをもう少し掘り下げて描いていたら、映画に深みが増したのでは、と思うのだが(ドラマ性という点では、同じ音楽映画の『はじまりのうた』や『ワンナイト、ワンラブ』に劣る)。

……この映画では、33曲全ての歌詞が字幕で表示される。そのメッセージは半世紀以上たった今でも全く色褪せていない(むしろ差別と分断の21世紀にこそピッタリくるような気がする)。ジョン&ポールは偉大な音楽家であると同時に偉大な詩人でもあるのだと改めて感じ入る一作。

🔴機龍警察/月村了衛(ハヤカワ文庫)3.8点

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

【至近未来の警察小説】

『土漠の花』の月村了衛による《機龍警察シリーズ》の第一弾。近接戦闘兵器・機甲兵装の新型機《機龍兵》に搭乗する3人の傭兵と彼らをサポートする警視庁特捜部員の活躍を描く。

日本SF大賞&吉川英治文学新人賞受賞作。

【あらすじ】

国際的テロや民族紛争の激化に伴い、警察庁は、警視庁に特捜部を設置し、最新兵器・機龍兵(人間が搭乗して操縦する巨大な二足歩行型ロボット)3体の導入を決定する。

特捜部長は元外務官僚の辣腕、沖津、そして機龍兵の搭乗者は、元傭兵の姿、元ロシア警察のユーリ、元IRFテロリストのライザ。

彼らは、警察組織内で孤立化しつつも、機甲兵装が立て籠もる現場へと出動するが、そこには見えない敵の恐るべき罠が待ち構えていた……。

【感想・レビュー】

ガンダム?風の機龍兵が何となく漫画っぽいが、骨太のストーリーと緻密なディテール描写で読ませる作品。各種兵器のシステムや装備、IRFのテロ活動や傭兵部隊の戦闘等の描写に迫真のリアリティがあって、確かに、至近未来ならあり得るかも、と思わせる現実味がある。

そして、3人の傭兵が醸し出す、ヒリヒリとした哀感とカラカラに渇いた空気感がなかなかハードボイルド。この3人のキャラクターが本作のキモだろう(沖津部長もかなり重要なキャラクターだが、本作では今ひとつその全貌が掴めない)。

元傭兵の姿は、いかにも元傭兵という感じで、定番と言えば定番か?(漫画『修羅の門』のヴァーリ・トゥードに登場した暗器使いの傭兵を思い出して、苦笑)。芝居がかった言動も少々鼻に付く。しかし、ライターで腕を炙る場面は、プロ根性剥き出しで、圧巻(今度は何となくゴルゴ13を思い出す……)。

元ロシア警察のユーリは、本作では、多少影が薄い。滑り出しは、冷酷非情なロシアン・マフィア風でいい感じなのだが、内心の葛藤が露わになる中盤以降は、メンタルの弱さが気になって、ちょっと頼りなくも感じてしまう(第二弾以降の巻き返しに期待したい)。

3人の中で最も異彩を放っているのは、元テロリストのライザだろう。わずか四小節しか弾けない『G線上のアリア』を奏でた後、敵を葬る彼女の戦闘の場面は、氷の美女、或いは美しき凶器といった趣きがあって、ひたすらクール。

本作では、ドラマの伏線として、警視庁の既存勢力と異端分子である特捜部との苛烈な駆引や暗闘の模様も詳しく描かれるが、警察小説ではよくあるパターンで、この点はやや陳腐な気がしないでもない。 

アイデアが斬新(至近未来という時代設定、傭兵警官、機龍兵装等)で、エンタメ性も高く、面白い作品ではあるのだが、今ひとつインパクトに欠ける印象を拭えないのは、自分のセンスのせいだろうか……。

🔴消えてなくなっても/椰月美智子(角川文庫)3.9点

【悲しみと慈しみのファンタジー】

この世とあの世の結界のような山奥の治療院を舞台に、運命に翻弄される人間の魂の救済を描いたファンタジー。

儚く切ない物語ではあるが、素直に泣けないのは、年のせいだろうか……。

【あらすじ】

幼い頃に両親を亡くして心の病気を抱える、タウン誌の新人編集員のあおの。彼は、どんな病気も治してしまうと評判のキシダ鍼灸治療院に興味を抱き、ある日、山奥にあるその治療院を訪れる。

そこにいたのは、不思議な力を持つ節子先生と居候の若い女性つきの。あおのは節子先生の勧めで、しばらく治療院に滞在することになる。

あおのは、3人の共同生活の中で、山の自然に触れ、不思議な体験をし、大切なことに気付いていく。

やがて、あおのとつきのは、節子先生の導きによって、それぞれの運命を知ることになる……。 

【感想・レビュー】

序盤、節子先生のスピリチュアルな力に戸惑い、中盤、妖怪や物の怪の登場に面食らい、終盤、カラス天狗の出現で違和感はピークに達するが、そこからストーリーは急転直下、一気に驚愕のラストへと突き進み、終わってみれば、なるほどと納得。そして、その後には、何とも言えない、茫漠とした切なさが広がる物語だ。

これは魂の救済の物語。その意味では、この結末もハッピーエンドと言えるのかもしれないが、こんな形でしか救われないなんて『マッチ売りの少女』並みの哀れさだと思う。あおのとつきのは救われても、自分だけ悲しみの底に取り残されているような感覚がつきまとって、どうにもやるせない。

もっとも、この結末に癒やされたり、励まされたり、生きる希望をもらったりする人もいるだろうと思う。

それはそれでよし。この作品は、読者の死生観を問う物語でもあるのだから。死を身近に感じることが少なくなったこの時代に、こういう作品に接して、その意味に触れることも、よりよく生きるために有益ではあると思う(ある意味で、死を考えることは生を考えることに他ならない)。

また、この作品は、(節子先生の生き方を通して)素朴な信仰心の大切さを訴えているようにも見える。それは、別に妖怪や霊的なものを信じるということではなく、古から伝わる自然の摂理であるとか、自分が何ものかに生かされている自覚であるとか……そんなものを意味している。確かにそういう心持ちであれば、人はもう少し謙虚になれるだろうし、世界も今と随分違った姿形に見えるに違いない。

『泣ける小説№1』という帯の謳い文句には多少違和感があるが、作中に登場する河童のキヨシや童話『つきよのあおいさる』の鮮烈な印象を含め、心に沁みる作品ではある。

🔵天国に行けないパパ/(1990アメリカ)4.1点

天国に行けないパパ [DVD]

天国に行けないパパ [DVD]

【死ぬ気になれば何でもできる】

他の患者と取り違えられて余命宣告を受けた冴えない刑事の殉死覚悟?の奮闘を描いたアクション・コメディ。

主人公バードの破れかぶれの行動が痛快で、終始ニコニコ顔で楽しめる映画。

似たような設定の映画では、『ラスト・ホリデイ/2006アメリカ』もオススメ。

【あらすじ】

犯人逮捕より我が身の安全を優先する定年間際の刑事バード。妻と別居中の彼は、10歳の息子をハーバードに進学させることだけを夢みて、コツコツと貯金に励んでいる。

そんなある日、健康診断を受けたバードは、重病を患う男から血液をすり替えられた結果、医師から余命2週間の宣告を受けてしまう。

その後、生命保険の条項を確認し、在職中の殉死であれば多額の保険金が降りることを知ったバードは、息子の将来のために、昼夜勤務を願い出て、防弾チョッキも着けず、危険な業務に邁進するが……。

【感想・レビュー】

ど派手なカーチェイス、気の利いたジョーク、幼い息子を想う父親の愛情など、結構見どころの多い映画。

感心するのは、アクションの真面目さ?。特にカーチェイスシーンは迫力満点で、B級映画(失礼!)の域を超える出来。それだけでも十分楽しめるが、ひたすら殉死を目指して?犯人を追い詰めるバードの滑稽な悲壮感と犯人のアンビリーバブルな表情の噛み合わせがとにかく面白い。まさに、死ぬ気になれば怖いもんなし。

一方で、しんみりさせるシーンもなかなか秀逸で、この作品、ハチャメチャ感としんみり感のブレンドが絶妙だ。

死を覚悟したバードが相棒のアーニーに人生を語る……

『アーニー、俺はこの年になってようやく重要なことに気づいた。将来を案じて今を犠牲にしていたら、本当の幸せは逃げてしまう』

……いいセリフだと思う。

バードが、別居中の妻にこれまで言えなかった想いを伝えるシーン、妻に逃げられて絶望し、コンビニに立て籠もった犯人を説得するシーンなども、彼の言葉がじんわり心に沁みて、なかなか感動的だ。

アクションシーンに身を乗り出し、間の抜けたジョークに笑いがこぼれ(……勤務中の署内でTVのメロドラマに熱中する二人の刑事のおバカな掛け合いは爆笑モノ)、息子を想う父親の愛情にホロリとくる、掘り出し物の一本。ただし、ストーリーにもうひと捻り欲しいところではある。