読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ(ネタバレなし)

🔵こねこ/(1997ロシア)4.3点

こねこ [DVD]

こねこ [DVD]

【こねこがキュート!犬派もたぶんOK?】

最近出た?Blu-rayで視聴。こねこがたまらなくキュートで癒やされる。人と猫のかけがえのない絆を描いた心温まる一作。

【あらすじ】

モスクワの音楽家一家に引き取られた生後3ヶ月のこねこチグラーシャ(トラ猫)は、イタズラが絶えず、お父さんに叱られてばかりだが、子どもたちから可愛がられ、満ち足りた日々を過ごしている。

しかしある日、チグラーシャは、窓から落ちてトラックの幌の上へ。

見知らぬ街へ連れて行かれ、迷子になってしまったチグラーシャはドーベルマンに襲われそうになるが、間一髪のところで一匹の猫に助けられる。その猫は、猫好きの貧乏な中年男フェージンの飼い猫だった。

チグラーシャは、しぱらくフェージンの厄介になるが、彼も、怪しげな地上げ屋からアパートの立ち退きを迫られていて、長居はできそうにない。

はたしてチグラーシャは無事に音楽家一家の元に戻れるのだろうか……。

【感想・レビュー】

この映画、音楽の使い方とカメラワークが抜群にうまい。ねこの驚きや喜び、恐怖心などを様々な音楽を使って活き活きと表現し、猫目線のカメラワークで緊迫感や臨場感を演出して、チグラーシャの放浪の旅を一大スペクタクルとして見せてくれる。

猫たちの自然体の演技?も素晴らしい。その表情や仕草から、それぞれの猫の性格の違い(優雅とか勇敢とか好奇心旺盛とか)が一目瞭然に分かって面白く、そんな猫たちが力を合わせて食料を調達するシーンなど、本当によく撮れているなあと感心する(監督の猫目線へのこだわりと猫愛が伝わって来て、ほっこりさせられる)。中でも主役のチグラーシャの可愛らしさは別格。猫好きでなくてもメロメロだ。

前半やや退屈なところはあるが、後半、冴えない中年男フェージンが登場する辺りから物語は一気に加速する。

生活に困窮しながらも猫たちに惜しみない愛情を注ぐ心優しきフェージンと、彼を守るために地上げ屋に敢然と立ち向かう猫たちとの絆の強さ、美しさに、ジーンとさせられる。また、フェージンと猫たちのささやかな幸福を予感させるラストシーンも、染み染みとした味わいがあって、印象深い。こんな慎ましいハッピーエンドもなかなかいいもんだ。

観ている間中、心癒され、観終わった後は心地好い余韻に浸れる佳作。何かと親切なモスクワっ子にもシンパシーを感じてしまいます。

🔵グッバイ、サマー/(2015フランス)3.7点

グッバイ、サマー [Blu-ray]

グッバイ、サマー [Blu-ray]

【14歳の等身大の少年たちのほろ苦い青春】

フランスの少年たちのひと夏の冒険を描いた、ビタースイートな青春映画。14歳の男の子は、単純なのにややこしく、純心なのに扱いにくい。難しい年頃なのは、どうやら万国共通のようだ。

【あらすじ】 

画家を目指すダニエルは、女の子のような容姿で学校の友だちから馬鹿にされ、家庭でも過干渉の母親やパンク狂の兄に囲まれ、息苦しい日々を過ごしている。

そんなある日、クラスに目立ちたがり屋で趣味が機械いじりという、ちょっと変わった男の子タオが転入してくる。

二人はたちまち意気投合し、窮屈な毎日から脱出するための“ある計画”を思い付く。それは、夏休みにスクラップで作った車(ログハウス?)で旅に出るという計画だった……。

【感想・レビュー】 

『シング・ストリート』と同じく、監督の自伝的要素の強い作品。悩み多き等身大の14歳を描いて、好感の持てる作品であるが、ややドラマ性が乏しく、物足りない気がしないではない。良く言えば素朴でリアル、悪く言えば面白味や余韻がイマイチといったところか。

しかし、ダニエルとテオが夏休みにオンボロ車(ログハウス?)で冒険旅行に出るシーンは、なかなか面白い。自由と自立を求め、“ここではないどこか”に憧れる少年の気持ちは、14歳を経験した男なら誰しも共感できるところだろう。

旅先で数々のハプニングに見舞われつつも何とか旅を続ける二人の姿も、滑稽ではあるが笑えない必死さがあって、眩くもある。この辺りの描写は、伸びやかで活き活きしていて、気持ちがいい。それにしても、ヨーロッパの少年の冒険は、どこか大陸的な大らかさがあって、羨ましい気もする。

この映画を観ていると、14歳の頃の自分を思い出して懐かしくもあるが、同時に、あまりに幼稚で愚かだった自分の姿もダブって見えて、気恥ずかしい気分にもさせられる(ホントにアホだった!神様から「14歳に戻してやる」と言われても、絶対御免被りたい)。

これは少年が大人になるための通過儀礼を描いた映画。「アメリ」のオドレイ・トトゥがダニエルのお母さん役で出演している点も、妙に感慨深い。

🔴13ヶ月と13週と13日と満月の夜/アレックス・シアラー(求龍堂)4.3点

13ヵ月と13週と13日と満月の夜

13ヵ月と13週と13日と満月の夜

【ノンストップ・ファンタジー】

12歳の勇敢な女の子、カーリーの不思議な体験を描くダーク・ファンタジー。一見、中学生向けの童話のような物語だが、大人が読んでも十分愉しめる良作。

【あらすじ】

邪悪な魔女姉妹の計略によって、自分の体を老婆(魔女)の体とすり替えられた12歳の女の子カーリー。

彼女は、優しい父母から引き離され、老人ホームに送られてしまう。

13ヶ月と13週と13日が過ぎてしまえば体を取り返せなくなると知った彼女は、かつて同じように魔女に体を奪われたメレディスと力を合わせ、魔女姉妹と対決しようと決意するが……。

 【感想・レビュー】

ハラハラドキドキの展開でイッキ読みの小説。ディテールがしっかり描き込まれているのでファンタジーとは思えないリアリティがある。ストーリーも起伏に富んでいて抜群に面白く、何の力も持たない平凡な女の子が(知恵と勇気を武器にして)邪悪な魔女と対決する場面など、読む方もつい力が入ってしまう。

ストーリーの面白さに加えて、カーリーを通して語られる、作者の瑞々しい世界観が瞠目に値する。この作者、1949年生まれとはとても思えない。よほど純な心の持ち主なのだろう。

 

……例えば、 

『わたしが最初から(話を)始めないのは、どこが最初なのかわからないから。本当。とにかく、今まで一度も、ものごとの始まりなんか見たことがない。ものごとって、そんなふうには進まない。たいては半分過ぎてからか、終わり近くになってから気づいて、そこから始まりまでたどっていくものだ。ほとんどがそう』

 

『とっても年を取った人たちは、急ぐってことを忘れてしまって、ただのんびりやりたいんだと思う。人間って、残された時間が少なくなればなるほどのろのろして、たっぷり時間があるときのほうがさっさとやる。本当に変な話。』

なかなかの慧眼だと思う。

 

また、この作品に一貫して流れるメッセージも力強くポジティブで、励まされる。12歳の女の子の活き活きした日常と老婆の老いの悲しみのコントラストを通して、互いを思い遣る気持ちの大切さを説いた上、老いも若きも、それぞれの「今」を大切に生きることを訴えている(「老い」の描写がリアルで真に迫っているが、これは作者の心象風景の表れだろうか)。

 

 『メレディス、今あるものを当然だと思ってはいけない。すべてが永久にこのままだなどと考えてはいけない。決して変わらないものなどないのだから。……われわれにできるのは、最善を祈ること、そして今、目の前にあるものを楽しむことだけだ。今のために生きるのではなく、今を生きるんだよ。確実なのは今だけなのだから』

 

多感な少年少女の時代にこの本に出会えた人は幸せだと思う。もちろん大人にとっても、これは、忘れかけていた大切なものを思い出させてくれる貴重な本。優れた教養書に勝るとも劣らない感銘力のある一冊だと思う。

🔵がんばれ!ベアーズ/(1976アメリカ)3.8点

がんばれ!ベアーズ [DVD]

がんばれ!ベアーズ [DVD]

【懐かしい!】

今から40年前の脱力系スポーツ映画。テータム・オニール(「ペーパームーン」)も懐かしいが、50年以上前にTV放映されていた『コンバット!』のヴィック・モロー(サンダース軍曹役)が出演しているのにビックリ!(力道山、月光仮面の次のヒーローは、サンダース軍曹だった)

それだけでもう、感無量。

【あらすじ】

元マイナーリーグのピッチャーで、今はプール清掃員の呑べえの男が、弱小少年野球チーム“ベアーズ”の監督を引き受ける。

しかし、悪ガキ集団のベアーズは他チームから徹底的に嫌われ、試合も連戦連敗。

そこで、監督は元教え子の天才野球少女をチームにスカウトする。

彼女の加入でベアーズは勢いに乗るが、勝ちにこだわる監督と野球を楽しみたいベアーズのメンバーとの溝は徐々に深まっていく……。

【感想・レビュー】

学生時代、見逃した映画(当時そこそこ話題にはなったのだが、「ロッキー」「バリー・リンドン」「タクシー・ドライバー」などの話題作が目白押しだったので)。

今観ると、レトロ感は否めないし、天才野球少女(テータム・オニール)の投球フォームも、どう見ても素人っぽくてヘンなのだが、多少作りは粗いとしても、駄作という訳ではない。

いかにも70年代らしい大らかさがあって、悪童たちのワルぶりが微笑ましいし、だらしない監督(ウォルター・マッソー)のテキトー振りも、クスッと笑えるほのぼの感がある。また、天才野球少女が監督に示す思い遣りも、ちょっとしんみりさせられる。

しかし、この映画の一番の見どころは、監督が悪童たちに感化されて、少しずつ真っ当になっていくところだろう。

大人が子供たちに学ぶことは意外と多い(子育て経験のある人なら理解できると思う)。この映画は、そのことをわれわれに教えてくれている。ベアーズの監督が、悪童たちから“野球を楽しむこと”の大切さを教えられ、勝負を度外視した采配を振るうようになるシーンは、なかなか感動的だ。

等身大の悪童たちの奮闘振りも爽快な心温まスポーツ映画。ほっこり感を味わいたい向きにはオススメかも。

🔵画家と庭師とカンパーニュ/(2007フランス)4.2点

画家と庭師とカンパーニュ [DVD]

画家と庭師とカンパーニュ [DVD]

【永遠の友情】

フランスのカンパーニュ(田舎)を舞台に、画家と庭師の心温まる友情を描いたヒューマンドラマ。

【あらすじ】

都会の生活に疲れ、生まれ故郷に戻って来た画家は、荒れ放題の庭の手入れのため、庭師の募集広告を出す。

やって来たのは、幼い頃いたずらをして遊んだ幼馴染みの庭師。彼は、国鉄を退職した後、念願の庭師になったのだった。

現在離婚協議中の裕福な画家と、地元で家族と慎ましく暮らす庭師は、旧交を温め合い、次第にかけがえのない存在になっていく……。

【感想・レビュー】

何とも渋く、味わい深い映画。ドラマは、老境に差しかかった男たちの会話を中心に淡々と進行していく。

カンパーニュ(田舎)の緑豊かな自然と暖かな陽光に包まれて、画家と庭師は、過ぎた日の思い出を語り、今を語る。

実直で朴訥な庭師の言葉は、絵画への情熱や家族への愛情を失いかけていた画家の枯れた心を次第に潤していく(荒れた土壌に水をやり、種を蒔き、野菜を実らせる庭師の行為は、そのメタファーのようにも見える)。そのプロセスが淡々と描かれるところがいい。画家の庭師への想いが滲むラストも、大袈裟なところがなく、静かな味わいがあって、気持ちが癒やされる。

庭師が画家に、奥さん(彼は何故か妻を「奥さん」と呼ぶ。その微妙な言い回しがいい)とのニース旅行の思い出を語る回想シーンは、本作の白眉。年輪を重ねた夫婦は、浜辺にただ一緒に座っているだけで絵になるものだと気付かされるシーンだ。

この映画、庭師役のジャン=ピエール・ダルッサンがいい。労働者階級の実直な男を演じさせたらピカイチの存在で(「キリマンジャロの雪」でもそうだった。……「ル・アーブルの靴磨き」では警視役だったが)、まさに“いぶし銀”という言葉がピッタリの俳優だと思う。

本作は、「キリマンジャロの雪」と並ぶフランス映画の良作。視聴後しばらく経ってからじわじわと良さが伝わってくるタイプの映画だと思う。

🔴もう年はとれない/ダニエル・フリードマン(創元社推理文庫)4.2点

もう年はとれない (創元推理文庫)

もう年はとれない (創元推理文庫)

【食えないじいさんの痛快ハードボイルド】

ナチの将校が隠した金の延べ棒の行方を追う伝説の元刑事の活躍を描くハードボイルド系ミステリー。

【あらすじ】

87歳の元殺人課刑事のバック・シャッツは、戦友の臨終に立ち会った際、捕虜収容所でバックに瀕死の重症を負わせたナチの将校が生きて逃亡したと聞かされる。将校は戦後、ナチの隠し財産である金の延べ棒を持って国外に脱出したという。

バックは孫のテキーラと共に、消えた将校の行方を追うが、金の延べ棒の存在が周囲に知れるにつれ、彼らの関係者が次々と殺されていく……。

【感想・レビュー】

犯人探しのミステリーとしてもよく出来ているが、本作は、主人公バックのキャラクターの魅力で読ませる作品。

体の自由が思うように利かず、認知症の兆候も見られる87歳のバック。彼は、死や老いに諦観を抱きつつも自分の信念を曲げず、気に食わない連中には痛烈な罵声や皮肉をぶちまける(その皮肉がユーモアたっぷりで何とも痛快!)。しかし、奥さんだけには頭が上がらない……。まるで悪童のまま年をとったような偏屈じいさんだ。

彼のキャラは、『グラン・トリノ』の主人公ウォルトを彷彿とさせるが、どことなく茶目っ気がある点でウォルトより更にチャーミングかもしれない。また、バックの刑事時代の武勇伝も、マグナム銃を容赦なくぶっ放す辺りが『ダーティ・ハリー』のハリー・キャラハン刑事を彷彿とさせる(この作家、クリント・イーストウッド作品の熱烈な信奉者と推察するが……)。

誰かが、「魅力的な老人の条件は、懐の深さと愛嬌」と言っていたが、本作を読むと、その通りと実感する。バックの場合、これに「冒険心」が加わるのだから、たとえヨボヨボ、ヨレヨレであっても、文句なしにカッコイイ(映画『世界最速のインディアン』や『ウォルター少年と、夏の休日』も同じ)。男ならかく老いたいものだと、つくづく思う。

老人の冒険を描いた小説としては『窓から逃げた100歳老人』が面白いが(抱腹絶倒のコメディ)、ハードボイルド派には本作の方がオススメ。いずれにせよ、じいさんがカッコイイ物語は本当に面白い。

🔵ルディ/(1993アメリカ)4.0点

ルディ [DVD]

ルディ [DVD]

【自分を信じること】

夢を諦めないこと、努力すること、自分を信じることの大切さを描く、実話に基づく感動のスポーツ映画。

【あらすじ】 

鉄鋼の街ピッツバーグで生まれ、幼い頃から名門ノートルダム大学のアメフトチームのレギュラー選手になることを夢見るルディ。

しかし、学業不振と経済的理由から進学を諦め、鉄工所で働き始める。

ルディは唯一の理解者である親友に励まされながら、夢を実現する機会を窺うが、ある日、鉄工所で爆発事故が起き、その親友を喪ってしまう。

彼の死をきっかけに、ルディは、家族や恋人の反対を押し切って、夢への挑戦を始める……。

【感想・レビュー】

周囲から「無謀」とか「身の程知らず」と、嗤われ、バカにされながらも、幼い頃からの夢を諦めず、努力と挑戦を重ね、遂に夢を実現するルディの実話は、『イーグル・ジャンプ』のエディ・エドワーズの実話を思い起こさせる。

元々運動能力に恵まれていない点(ルディは小柄で、エディは運動オンチ)、良き理解者がいる点(ルディは幼馴染みの親友、エディは優しい母親)、自分を信じる能力を備えている点(少々お調子者で周囲から浮いているが)は、どれも酷似している。

このうち「自分を信じる能力」は、成功者に共通して見られる特徴であり、若者の特権とも言える資質であるように思う。確か、ツルゲーネフの『はつ恋』に(若さの可能性について触れた)こんな一節があったと記憶している。

『若さの魅力は、全てを成しうることにあるのではなく、全てを成しうると信じることができることにある』……(何せ40年以上前に読んだ本なので、間違っているかもしれない)

ルディとエディには、自分を信じることができる才能があったということだろう。

それはある意味、根拠のない自信でもあるのだが、二人には努力する才能も備わっている(それは自分を信じる気持ちの強さの裏返しでもある)。

勉強が苦手なルディがノートルダム大学への編入試験に何度もチャレンジする姿、学業とバイトの両立に苦しむ姿、小柄というハンディにめげずアメフトの猛練習に明け暮れる姿……自分の可能性を信じ、ひたむきに努力するルディの姿は、天賦の才能を持つ人の成功譚より遥かに感動的だ。

そんなルディに感化されたチームメイトたちの熱い想いが溢れ出るラストも、スポーツの原点を教えられているようで、この上なく爽快だ。ルディを見守るグラウンドキーパーの厳しくも温かい眼差しも、強く印象に残る。

観る人によっては激賞レベルの映画だと思うが、個人的には、不満な点がないではない。ルディの言動に気恥ずかしさや痛さを感じて素直に共感できないところがあるし、(いくら夢の実現のためとはいえ)監督に出場を直訴するところも、少し抵抗を感じてしまう。もっともそれも若さの表れであって、許容すべきところなのかもしれないが……。

へそ曲がりの偏屈ジジイの採点は少々辛いが、スポーツ映画の魅力が詰まった秀作という評価には、異論はない。