お気楽CINEMA&BOOK天国♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

金はないけど暇はあるお気楽年金生活者による映画と本の紹介ブログ

🔵Yesterday イエスタデイ/(2014ノルウェー)4.0点

イエスタデイ [DVD]

イエスタデイ [DVD]

【ノルウェーの自然美が素晴らしい】

北欧の映画は、風景を眺めているだけで癒される。この映画、中身については評価が分かれそうだが、風景美は鉄板(夏の柔らかな陽光に照らされた森と湖の風景の美しいこと!)。おまけにヒロインも愛らしくて魅力的。それだけで元は取れる映画だと思う。

【あらすじ】

舞台は1960年代半ばのオスロ。ビートルズのポール・マッカートニーに心酔する高校生のキムは、悪友3人とバンドを組んで、いつか有名になることを夢見ている。

ある日、キムは映画館で見知らぬ少女ニーナと出会い、初めてのキスを交わすが、住所も聞かないまま二人は別れてしまう。

ニーナを忘れられないキムは、想いを募らせ、出す宛てのない手紙をひたすら書き続ける。

やがて新学期、キムの前にセシリアという美しい転校生が現れる。キムがセシリアのピンチを救ったことで、二人は次第に距離を縮めていくが……。

【感想・レビュー】

ビートルズに憧れる4人の少年たちのひと夏の体験を描く青春グラフティ。描かれているのは、友情、初恋、そして青春の蹉跌。

テーマが、定番と言えば定番、普遍的と言えば普遍的なので、評価は分かれるかもしれないが、リアルタイムでビートルズを聴いた世代にとっては、ノスタルジーを感じる映画。『サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のLPをドキドキしながら手にするキムの気持ちは痛いほどよく分かる。

そして、ビートルズの音楽だけでなく、なにやら楽しいイベントのようにも見える反米=ベトナム戦争反対のデモや流行りの音楽、ファッションなどの映像も、カラフルでポップでサイケデリックな60年代の空気感を見事に再現していて、懐かしさが募る(当時は、毎日がお祭り騒ぎのようで、昨日より今日、今日より明日が確実に良くなっていく、というポジティブな共同幻想が世界全体を支配していた時代だったように思う)。

この映画の原作は、ノルウェーを代表する作家ラーシュ・ソービエ・クリステンセンのベストセラー小説『Beatles』。いかにも1953年生まれ(63歳)の作家ならではの感性だと思う。

……こういった青春モノの成否は、ヒロインの魅力に左右される部分が大きいように思うが、セシリア役のスサンネ・ブーシェは、合格。外でツンツン、内でデレデレのツンデレ美女(用語の使い方は合ってるだろうか?)で、いかにも日本人男性好みだと思うが……。

🔵少女は自転車にのって/(2012サウジアラビア)4.1点

少女は自転車にのって [DVD]

少女は自転車にのって [DVD]

【しなやかでしたたかな女性監督の視点】

初体験のサウジ映画。イスラムの厳しい戒律に唖然、呆然(この封建度レベルは江戸時代以上⁉)。

それでも今をしなやかに、したたかに生きるサウジの女性たちの姿に感動。

様々な制約の中でこの映画を撮ったサウジ初の女性監督の勇気とセンスは賞賛に値すると思う。

 【あらすじ】

サウジの首都リヤドに住む10歳のお転婆娘ワジダの夢は、男友達のアブドゥラと自転車で競走すること。

お目当ての自転車を見付けたワジダは、アルバイト代を貯め、足りない分を母親におねだりするが、女子が自転車に乗ることを忌み嫌うイスラムの教えもあって、相手にしてもらえない。

そんなある日、ワジダは、学校でコーラン暗唱コンテストが開催されることを知る。その優勝賞金は自転車を買うのに十分な金額だった。

ワジダは、出場に名乗りを上げ、苦手のコーランを必死に勉強するのだが……。

 

【感想・レビュー】

ストーリーは『運動靴と赤い金魚/1997イラン』とよく似ているが、『運動靴……』が兄妹愛をメルヘンチックに謳い上げた作品であるのに対し、本作はイスラム社会に生きる女性たちの実像を描いた作品。

唖然とするのは、女性の生きづらさ。10歳位から黒い布とスカーフで全身を覆い隠すように強制され、歓声や歌声を男に聞かれるのもNG。生理中はコーランを素手で触ってはいけないし、車の運転は禁止、自転車に乗ることさえ忌み嫌われる。学校は男女別で、自由恋愛は否定され、しかも男は重婚OK。イスラムの教えに疎いわれわれの感覚からすると、ほとんど別世界、異次元の感がある。 

しかし、この映画は、そんなイスラム社会の現状を糾弾するというトーンではなく(糾弾調であれば公開もされないだろう)、イスラム社会の今を生きる女性たちの実像を描くことに重点を置いている。

ワジダの願いは自転車に乗ること。それは社会へのレジスタンスなどではなく、ただ“自転車が好き”という純粋な想いから。この作品が重たい現実を描きながらも爽やかな余韻を残すのは、少女のそんな真っ直ぐな心情を丹念に掬い取っているからだろう。そして、その結果として、やんわりとした社会風刺劇にも見えるように仕上げているところに、この女性監のしなやかでしたたかな(反骨)精神を見る思いがする。

夫の愛を繋ぎ留めたいばかりに赤いドレスを買う母親、イスラム教の権化のような頑迷な校長先生、ワジダを慕い、ついにはプロポーズする少年アブドゥラ……印象的な人物やシーンは少なくないが、母親の決意と愛情が滲むラストシーンは特に秀逸。風を切ってリヤドの街を疾走するワジダとアブドゥラの姿も、サウジの新しい時代を予感させて、爽やかで心地好い余韻を残す。

🔵三人の妻へ手紙/(1949アメリカ)4.2点

三人の妻への手紙 [Blu-ray]

三人の妻への手紙 [Blu-ray]

【夫婦関係の機微を巧みに捉えたドラマ】

ハリウッド黄金期のジョセフ・L・マンキーウィッツ監督作品。同監督の翌年の傑作『イヴの総て』と同様、女性の描き方の巧さに唸る。

脚本の冴えと演出の妙が光る、含蓄に富んだ一作。

【あらすじ】

舞台はニューヨーク近郊の高級住宅街。デボラ、リタ、ローラメイの三人の妻たちは、ボランティア活動で子供たちと遊覧船に乗ってピクニックに出かけるが、乗船の直前、三人宛の一通の手紙が届く。

『私、三人のうちの誰かのご主人と駆け落ちします』と記されたその手紙の差出人は、噂の美女アディ。アディは三人の夫たちの古くからの知り合いで、彼らの憧れの的だった。

それぞれ夫婦の間に隙間風が吹いている妻たちは、心中穏やかでなく、ピクニックの間中、気もそぞろ。ピクニックを終え、一目散に帰宅して、夫の所在を確認するのだが……。

【感想・レビュー】

ミステリーとも、コメディとも、恋愛映画ともとれそうな、豊潤な人間ドラマ。ミステリアスな美女の計略に翻弄される平凡な三人の女(と言っても、彼女たちもかなり美しい)の複雑な胸中を、ときにシリアスに、ときにコミカルに映し出す。

語り手である噂の美女アディはなかなか姿を現さないが、その分かえって彼女の神秘性が増して、観る者の想像力を掻き立てる。その演出の妙は、さすがマンキーウィッツの感がある。

また、三人の妻たちの人物造形も素晴らしい。貧農の出自にコンプレックスを抱くデボラ、家庭より仕事優先の野心家リタ。年上の資産家を籠絡した計算高い女ローラメイ。それぞれ個性的ではあるが、アディと比べると平凡で、共感できる存在だ。

手紙を受け取った妻たちの胸中をよぎる、不安、反省、後悔、夫への慈しみ……。そして、そんな彼女たちを優しく受け容れる夫たち。愛だとか恋だとかを正面きって語らなくても分かり合える関係がそこにある。何でも言葉にして直ぐに答を出したがる今時の風潮からすると随分おっとりとしてもどかしくも感じるが、古風で素敵だと思う。

有名どころの俳優はカーク・ダグラスぐらいだが、三人の女優の火花散る演技も見どころの一つ。さりげない会話の中にも微かな毒が含まれていて、仲良しだけれど気が抜けない、という女性同士の甘くない友人関係が見事に表現されている。

ラストの、アディのオチの一言も完璧!

🔴暗黒女子/秋吉理香子(双葉文庫)4.1点

暗黒女子 (双葉文庫)

暗黒女子 (双葉文庫)

【新時代のイヤミス】

斬新な構成、凝った趣向、そして驚愕の結末に作者の確かな才能を感じる、新時代の“イヤミス”。

内容はどす黒いが、一種独特の耽美的な趣もあって、不思議と不快感はない。

たまにはこういうテイストの物語も悪くない。

【あらすじ】

名門女子校のミューズとして君臨する美しい女生徒が死んだ。

その一週間後、彼女が主宰していた文学サークルで、定例闇鍋朗読会と銘打った、闇鍋を突きながら彼女の死の真相を語る会が催される。

しかし、そこで披露されたメンバーの証言は、それぞれ大きく食い違っていた。

自殺か他殺か、彼女が手にしていたすずらんの花は一体何を意味しているのか……会が進むにつれ、謎は益々膨らんでいく。

果たして、彼女の死の真相は?

【感想・レビュー】

どんでん返しに次ぐどんでん返し。ラストの強烈な一撃に予想はあっけなく裏切られ、“イヤミス”なのにむしろサバサバした気分。

名門女子校を舞台にしたダーク・ファンタジー的趣向の作品だが、中身はダークを通り越して、ひたすらブラック。そのインパクトの強烈さは、湊かなえのデビュー作「告白」級かもしれない。

美しく残酷なストーリーもさることながら、心惹かれるのは文学サークルの少女たち。この作家、キャラの拵え方が本当に巧く、彼女たちは皆個性的で美しく、可憐そのもの(根っからの性悪女はいない)。その分、彼女たちの行為の冷酷さが際立って、おぞましくもあり、耽美的でもある。

無垢の天使たちの悪魔の所業……そのアンバランスが、この作品の最大の魅力だろう。

余りにも真っ直で痛々しいほど潔癖、それゆえ、思い詰めたら何事も恐れない……そんな無垢で残酷な少女の二面性をこの作家は冷徹な筆致で見事に描き切っている。

これはミステリーホラーの秀作。なかなか大した作家だと思う。

🔵ドライビングMissデイジー/(1989アメリカ)4.4点

ドライビング Miss デイジー [DVD]

ドライビング Miss デイジー [DVD]

【なんて意地っ張りで愛らしいおばあちゃん!】

偏屈なユダヤ人元教師の老婦人と、無学だが陽気な初老の黒人運転手の絆を描く。

ジェシカ・タンディとモーガン・フリーマンの渋い演技が光るハートウォーミングドラマ。

【あらすじ】

舞台は、1948年のジョージア州アトランタ。買物に出かけようとした老婦人デイジーは、運転を誤って、隣の垣根に車で突っ込んでしまう。母の衰えを心配した息子のブーリーは、初老の黒人運転手ホークを雇うが、彼女はホークを頑として受け付けない。

しかし、ホークの粘りに根負けしたデイジーは、とうとう彼に運転を任せるようになる。

ホークの正直で陽気な人柄に触れ、次第に心を開いていくデイジー。やがて、二人の間に、主従の立場を超えた、かけがえのない信頼と友情が芽生えていく……。

【感想・レビュー】

この映画は、どストライク!

大袈裟なところやわざとらしいところがなく、上品で上質。温かくユーモラスで、何とも言えない滋味に溢れた、まさに心の琴線に触れる、という言葉がぴったりの珠玉のドラマ。

「八月の鯨/1987アメリカ」が好きな人なら、きっと気に入る作品だと思う。この二作品は、人と人の絆や老いというテーマを、柔らかい眼差しでごく自然に描いているところがよく似ている(人種差別の問題が根底に流れている点で、本作の方がやや社会的)。

偏屈で頑固で意地っ張りだが、心が真っ直ぐでどこか憎めないミス・デイジー。そんな彼女に半ば呆れながらも生来の陽気さで大らかに接するホーク。まるで長年連れ添った夫婦のような意地の張り合いやユーモラスな掛け合いがほのぼのとしていて、何とも微笑ましい。

ミス・デイジーを演じたジェシカ・タンディは、本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞(納得!)。そして、ホークを演じたモーガン・フリーマンも、毎度のことながら、圧巻の存在感(よく響く少し鼻にかかった声がいい)。

この映画は、淡々と流れる日常のひとコマひとコマを丹念に拾い、紡いで、二人のかけがえのない日々を鮮やかに写し取っている。たとえ年はとっても、大したドラマやハプニングなどなくても、人は輝けるし、人生は生きるに値する……静かで心地好い余韻に包まれて、そんなメッセージが染み染みと胸に響くヒューマンドラマの秀作。 

🔵カルタヘナ 陽だまりの絆/(2009フランス)3.9点

カルタヘナ~陽だまりの絆 [DVD]

カルタヘナ~陽だまりの絆 [DVD]

【永遠のアイドル、ソフィー・マルソー】

13歳のとき「ラ・ブーム」で鮮烈デビューしたソフィー・マルソーも、はや50歳。普通なら時の無常を感じるところだが、この女優は、いつまでも美しい。

ジョディ・フォスターもそうだが、子役の頃から長く活躍している女優は、美しさだけでなく、内面から滲み出るような知性が感じられる(生き馬の目を抜く映画界で生き残るためには賢さも必要ということだろう)。

本作も、ソフィーの知性的な美が光る一作。

【あらすじ】

物語の舞台は、南米コロンビアの観光地、カルタヘナ。半年前フランスから故郷に戻って来た元ボクサーのレオは、交通事故で首から下の自由を失った、高慢で気難しい女ミュリエルに介護人として雇われる。

彼女の介護は、食事から排泄の世話までという過酷なものだったが、自分の人生に絶望し、酒浸りの日々を送るレオにとっては、唯一の生活手段だった。

そんなだらしないレオと気難しいミュリエルは、度々衝突を繰り返す。

しかし、二人はそれぞれの孤独や絶望に触れて次第に心を通わせるようになり、やがて、互いにかけがえのない存在となっていく……。

【感想・レビュー】

万人向けとは言えないが、悪くない映画。ただ、サブタイトルの「陽だまりの絆」はヒドい。余りにもありきたりで安っぽい。

……さて、この映画、シチュエーションは「最強のふたり/2011フランス」とよく似ているが、中身は全く別物。「最強のふたり」は前向きに“生”を捉えた作品だが、本作は何となく“死”の匂いが漂う作品と言え、イメージとしては、太陽と月ほどの違いがある。

それでも個人的な好みは、本作の方。ややもすると陰陰滅滅とした雰囲気に流れそうなところを、南米の明るい陽光とフランス映画特有の軽やかさが救っている。劇中のアルチュール・ランボーらの詩(『太陽と肉体』、懐かしい!)も、この映画に芸術的な彩りを添えて、フレンチテイストを醸し出している。

それにしても、主演の二人は実生活もパートナーだけあって、息がぴったり。抑制の利いた演技も見事なもので、特に、ミュリエルが、気丈な態度と裏腹に微妙な女心を覗かせるいくつかのシーンは印象的。

全身の自由を失った女とアル中の元ボクサー……孤独と絶望を抱えた二人は次第に距離を縮めていくが、最後まで愛の言葉は交わさない。二人のその慎み深い態度がいい。その態度に、人生への諦観や言葉にできないほどの深い想いが全て込められているような気がして、いかにも大人(の恋)という感じがする。

因みに、エンディングは評価が分かれるかもしれない。モヤモヤ感を感じるか、余韻を感じるかは、観る者の感性次第というところだろう。

🔴湖底のまつり/泡坂妻夫(創元推理文庫)4.3点

湖底のまつり (創元推理文庫)

湖底のまつり (創元推理文庫)

【大人による大人のためのミステリーロマン】

ダム建設に伴って湖底に沈む山里の古色蒼然とした寒村を舞台に、3人の魅惑的な女性が織りな愛と幻想の物語。

作者の冴えわたる職人技に感嘆の一作。

【あらすじ】

傷心を癒やすため東北の山里のとある寒村を訪れた香島紀子は、川で憩っているうち突然の増水に襲われ、流されてしまう。

彼女を濁流から救い出したのは、埴田晃ニと名乗る青年。二人は、一夜を共にするが、その後、晃ニは忽然と姿を消してしまう。

晃ニを忘れられない紀子は、必死に彼の消息を辿るが、村人から、晃ニはひと月前に毒殺された、と聞いて愕然とする。

彼女が出会った埴田晃ニとは、一体何者だったのか……。

【感想・レビュー】

泡坂妻夫の作家としての力量の高さを痛感させられる一作。卓抜な舞台設定、精緻なストーリー、冴えわたる自然描写や心理描写、魅力的な登場人物と、どこをとっても上出来のミステリー。

男女の運命的な出会い、めくるめく一夜、奇妙な村祭り、そして不可解な謎……冒頭から波乱含みの展開についつい引き込まれ、中盤以降は、謎は更に深まって、終始、曖昧模糊とした既視感や霧の中を彷徨っているような幻惑感が付き纏う。そして、思わず“うーむ!”と唸る納得のラスト。恋”より激しい“業”、“運命”より重い“宿命”を感じさせて、深い溜息が漏れる。

まさに作者の筆力の賜物というべき渾身の力作。文学的嗜好性に富んだ作品だけに(丹念で色彩感豊かな自然描写、繊細で情感溢れる心理描写などに作者の優れた作家性がよく表れていると思う)、本格推理(トリック)モノの“やられた感”こそ乏しいものの、幻想と官能のミステリーロマンとして深い印象を残す一作。